Bizコンパス

冬こそ京都! いにしえの風情を堪能する古都の冬旅
2013.01.08

四季折々の旅・日本第3回

冬こそ京都! いにしえの風情を堪能する古都の冬旅

著者 谷垣 吉彦

 建都から1200年を超える歴史の街、京都。いにしえの皇族、貴族が「都」として愛した街だけに、四季折々、素敵な風情が味わえます。中でも冬は格別。寒い、というイメージから観光客は少ないのですが、その分、すがすがしく落ち着いた雰囲気の中、古都の情緒を満喫できるのが、冬の京都なのです。

 

イベント目白押しの季節に一年の幸せを祈願する

イベント目白押しの季節に一年の幸せを祈願する 由緒あるお寺や神社が数多い京都の冬は、幸多い年になるよう祈願するイベントが目白押し。中でも、1月8日から祇園にある京都ゑびす神社で始まる「十日ゑびす大祭」は、商売や事業にたずさわる方、景気回復を願う方におすすめ。通称、「初ゑびす」と呼ばれるお祭りで、古い笹を新しい笹に交換することで、幸運を呼び込む、とされています。
 15日に三十三間堂で開かれる弓の引き初めは、「通し矢」とも呼ばれ、かつて成人式の風物詩として有名でした。その年20歳を迎える袴姿の女性が弓を射る姿は凛と美しく、必見の価値ありです。2月に入ると、節分の行事があちこちで開催されます。中でも有名なのが、京都大学近くにある吉田神社の節分祭。平安京を守る神社として建てられた歴史を思うと、節分祭りに参拝するだけで、厄落とし効果はかなり高そう。

 

写真好きなら外せない 冬の京都は絶好のフォトスポット

写真好きなら外せない 冬の京都は絶好のフォトスポット 年中観光客でいっぱいの京都ですが、正月が明けてしばらくは、かなり人影が少なくなります。なんといっても「寒い!」というイメージが強いためでしょう。確かに底冷えするのですが、暖かいシーズンには人が多い名所も、寒い冬季には閑散としていますから、写真が好きな方にとって、冬の京都は絶好のフォトスポット。「きれいな庭やお寺、神社のたたずまいを撮影したいのに、どうしても観光客が写っちゃう!」なんてストレスもほとんどありません。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

谷垣 吉彦

谷垣 吉彦

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

SHARE