Bizコンパス

温故知新 時代を作ったビジネス書から学ぶ

    テイラーを知らない企業は、生産性が恐ろしく低い

    温故知新 時代を作ったビジネス書から学ぶ第4回

    テイラーを知らない企業は、生産性が恐ろしく低い

    従業員の仕事の効率を高める科学的管理法を構築したテイラー。総人件費を減少させつつ、生産量・利益率・賃金を飛躍的に増加させるアメリカ発の生産性革命とは。

    “勤勉”こそが新しい価値を作り出す~西国立志編

    温故知新 時代を作ったビジネス書から学ぶ第3回

    “勤勉”こそが新しい価値を作り出す~西国立志編

    江戸の身分制が崩壊し、立身出世が明治社会を動かします。成功への美徳を語る『西国立志編』という自己啓発書が大流行、計画的で勤勉な努力家を生み出しました。

    人材と資金を動員したビジョナリスト・渋沢栄一

    温故知新 時代を作ったビジネス書から学ぶ第2回

    人材と資金を動員したビジョナリスト・渋沢栄一

    明治初期、国内の限られた人材と資金の適材適所を求めた渋沢栄一は、株式会社と商業銀行という新手法を輸入します。彼は、日本産業の近代化をどう実現したのでしょうか。

    荒れ地に価値をもたらした農村のリーダー・二宮尊徳

    温故知新 時代を作ったビジネス書から学ぶ第1回

    荒れ地に価値をもたらした農村のリーダー・二宮尊徳

    江戸時代、荒廃した農村の復興を命ぜられた二宮尊徳は、自ら変革を巻き起こし、農村の気風を一新します。彼はどのような手法を用いて革命を成功させたのでしょうか。