Bizコンパス

サザンオールスターズ「LOVE AFFAIR」コースでデート
2013.01.10

あの歌、ゆかりの地へ第3回

サザンオールスターズ「LOVE AFFAIR」コースでデート

著者 佐藤 由紀子

 90年代、ドラマの主題歌から数々の名曲が生まれた。そのひとつ、「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」は、1998年に放映された松嶋菜々子主演、TBS系のドラマ「SWEET SEASON(スウィート シーズン)」の主題歌。横浜の航行シーンをタイトルバックに流れるこの曲は、不倫というテーマを扱ったドラマを切なく美しい作品として印象づける。

 

デビュー以来常に世間を驚かせてきたサザンのカラオケの定番曲

デビュー以来常に世間を驚かせてきたサザンのカラオケの定番曲 サザンオールスターズ、通称サザン(以下、サザン)は青山学院大学の音楽サークル「Better Days(ベター・デイズ)」から生まれたバンドで、1978年、「勝手にシンドバッド」でデビュー。ボーカル、桑田佳祐さんは神奈川県茅ヶ崎市生まれで、「勝手にシンドバッド」にも湘南、江ノ島、茅ヶ崎といった地名が出てきますが、桑田さん作詞の歌には茅ヶ崎付近が非常に多く登場しています。早口で煙にまくような歌い方、下ネタを交えた歌詞、タンクトップにジョギングパンツという服装、当時なかった、いや常識を逸脱したバンドの登場に世間は度肝を抜かれ、大人は眉をひそめたことでしょう。それが、3枚目のシングル「いとしのエリー」の楽曲の素晴らしさで、批判する人をも黙らせる結果に。その後、ヒット曲を出すごとに音楽性の高さをきっちり形にし、ファンのすそ野を広げ、唯一無二の日本を代表するロックバンドになった、といっても過言ではないでしょう。40代、50代仲間でカラオケに行くと、誰かがサザンの歌を歌い、自然と皆が口ずさむ光景が繰り広げられるのではないでしょうか。実際、「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」は、サザンのカラオケ人気曲ランキングのベスト10に入っている定番曲です。

 … 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

佐藤 由紀子

佐藤 由紀子

旅行会社OL、添乗員、専門学校旅行課講師を経て、同時にタウン誌、雑誌ライターの経験を積む。2011年11月より「メッセージ神戸」の姉妹誌で音楽をテーマとしたフリーマガジン「メッセージ仙台」編集長。「ライブは栄養ドリンク」と、年間2、30回足を運ぶ。
メッセージ仙台公式 http://www.message-sendai.com/

SHARE