NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

現実世界をそのまま再現「デジタルツイン」がもたらすもの
2019.11.14

新しいテクノロジーの波第1回

現実世界をそのまま再現「デジタルツイン」がもたらすもの

著者 佐野 正弘

 数あるITに関連するキーワードの中でも、ここ最近、特に製造業を中心として耳にするようになったものの1つに「デジタルツイン」がある。コンシューマー向けである「5G」などのように幅広く知られるワードではないが、産業界にとっては非常に注目されているワードとなっているようだ。

 そもそもデジタルツインとは、「デジタル」の「ツイン」、つまり現実世界にあるものを、デジタルで再現する技術のことを指す。単にモノの形状を再現するだけでなく、例えば、工場内の設備や生産しているものなどをすべてデジタルデータとして取り込める。つまり、コンピューター空間上にもう1つの工場を作り上げ、その動作を再現するのがデジタルツインというわけだ。

 実際の工場と同じ施設をデジタル化できれば、それを活用したさまざまなシミュレーションをデジタル空間上で実現できるようになる。そうすることにより、工場にある機器にどのような変化が起きるかを見通すことができ、ひいては、機器の故障なども事前に予測できるようになる。

 従来、そうしたことを実現するには、同じ設備をもう1つ用意する必要があり非常に手間がかかるものだった。しかし、デジタル空間上であればそうした手間もかからず非常に効率が良い。

 製造業においてデジタルツインが生かされるのは生産の分野だけではない。製品開発とサポートという側面においても、デジタルツインは有効活用できる技術となり得るものだと考えられている。

 例えば、実際に開発した製品からデータを取得し、その製品がどのような使われ方がなされているかを確認し、点検の強化や製品設計時の改善へとつなげられるだろう。そしてこうしたサイクルを短い期間で回すことによって、製品の迅速な改善を進められるようになるわけだ。

 だがそもそも、現実空間にあるものをそのままコンピューター空間で再現するというのは容易なことではない。それが実現できるようになったのには、「IoT」(Internet of Things)と「CAE」(Computer Aided Engineering)の存在が大きく影響している。

 

「IoT」と「CAE」がデジタルツインの実現に貢献… 続きを読む

佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

「DX・脱炭素」でSDGsに貢献するビジネスがある!エバンジェリストが解説

2021.03.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第61回

「DX・脱炭素」でSDGsに貢献するビジネスがある!エバンジェリストが解説

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第17回

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

2021.01.21

IT&ビジネス最新ニュース第100回

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

2020.12.01

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

2020.12.01

DX推進に必要なテクノロジー

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実