NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

自動運転車の普及は「世界へのコミット」である
2019.12.10

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第5回

自動運転車の普及は「世界へのコミット」である

著者 足立 照嘉

 2019年12月1日より、改正道路交通法が施行された。携帯電話等を保持して使用することなどに関して、罰則が強化され、話題となっている。

 かたや“自動運転装置”を適切に使用する場合には「適用されない」とする改正法案も、2019年5月に衆議院で可決されている。こちらは2020年5月23日までに施行される予定だ。

 このように、自動車を取り巻く環境は、CASE(※)に総称される「自動運転」や「コネクテッド」への変革が徐々に進み始めている。背景にあるのは、インターネットの普及や、電動化するための蓄電池の技術向上など、イノベーションが牽引する環境の変化だ。当然そこには、安全性や経済性の要求などによるものも含まれる。

 ただ、これは正解の半分でしかない。実は同じくらい、自動車業界に大きな影響を与えるものが存在する。

 もう半分の答えとは、一体何か。それを知るためには、2015年に遡る必要がある。

(※)CASE……Connected(インターネットへの接続), Autonomous(自動運転), Shared/Service(シェアリング、またはサービス), Electric(電動化) の頭文字を取った造語。独ダイムラー社が2016年に提唱した。

 

世界へのコミット

 2015年、国連に加盟する193カ国すべてによって 、SDGs (国連の持続可能な開発目標)が採択された。

 SDGsでは、2030年までに気候変動対策や格差是正など国際社会に共通する17の目標を掲げ、民間企業が課題解決を担う主体として達成することを目指している。

 17目標の中には、「エネルギー(7)」や「気候変動(13)」といった自動車とも関わりの深いキーワードが掲げられている。※括弧内数字は目標内で記載されている項番

 また、同じく2015年にはパリにて COP21(国連気候変動枠組条約 第21回締約国会議)が開催された。ここでは、CO2削減を目的とした「パリ協定」が締結している。

 日本政府は、この協定のもと、2030年に27.6%のCO2削減(2013年比)を目標として掲げ、トヨタ自動車では2050年に90%のCO2削減(2010年比)をコミットした。官民それぞれが高い目標を掲げた形だ。

 ところが、これらの大胆な目標は、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

足立 照嘉

足立 照嘉

サイバーセキュリティ専門家、投資家

サイバーセキュリティ企業の経営者として 15 年以上の経験を持ち、国内外の通信会社や IT 企業などのサイ バーセキュリティ事業者に技術供給およびコンサルティングを提供。日本を代表する企業経営層からの信頼も厚い。また、サイバーセキュリティ関連技術への投資や経営参画なども行なっている。大阪大学大学院工学研究科共同研究員。メディア出演や雑誌・ウェブへの執筆による啓発を行なっており、著書である『サイバー犯罪入門』『GDPR ガイド ブック』は、いずれも Amazon ランキングで 1 位を獲得。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

自動車業界とIT業界はなぜ仲良くなれない?連携不足の根底にあるもの

2019.11.15

サプライチェーンのセキュリティは大丈夫か?第4回

自動車業界とIT業界はなぜ仲良くなれない?連携不足の根底にあるもの

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

2016.01.15

いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか第10回

IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは