Bizコンパス

メットライフ生命とスタートアップ企業がマッチング「collab 4.0」とは
2019.01.30

業界に破壊的イノベーションを!

メットライフ生命とスタートアップ企業がマッチング「collab 4.0」とは

著者 Bizコンパス編集部

 メットライフ生命は、同社と協業するスタートアップ企業をマッチングするオープンイノベーションプラットフォーム「collab 4.0」のイベント「collab サミット」を、12月5日に東京で開催し、ファイナリスト6社が参加しました。6社は12月6日に開催の「デモ・デー」で、それぞれのソリューションのプレゼンテーションを行ったうえ、メットライフ生命と1,000万円の契約を結ぶ優勝企業2社が選出されました。

 なぜメットライフ生命は、このようなプラットフォームを用いてスタートアップ企業と連携するのでしょうか。同社の狙いや、メットライフ生命側、スタートアップ企業側の双方にもたらされるメリットを、当日のレポートを含めながら掘り下げます。

 

破壊的なイノベーションは自社だけでは生まれない

 「collab 4.0」を企画、主導するのは、シンガポールに拠点を構える、メットライフのイノベーション・センター「LumenLab(ルーメンラブ)」です。同センターの最高経営責任者であるジア・ザマン(Zia Zaman)氏は、collabのようなプラットフォームをスタートした背景として、保険業界のある問題点を指摘します。

「保険業界の成長曲線はいま、緩やかなS字カーブにあります。商品やサービスの普及が加速する現代、S字カーブの周期は短くなる一方で、保険商品のS字カーブは長い周期の曲線を描いています。しかも1990年台にピークを迎え、緩やかに落ち込みつつあります。この衰退の曲線はきわめてフラットであるため、業界全体が変化に気づけず、あるいは慣れてしまっている状況にあります。

 業界で生き残るためには、この変化に気づき、これまでの意識や方法論を変えて、多少のリスクを負ってでも、新たなS字カーブに飛び移る必要があるのです。いま、保険業界にはインシュアテック(※)の波が到来しており、新たな保険会社が続々と誕生、業界を変革する機運が高まっています。私たちは変革を先導するリーダーとして、新たなS字カーブへと飛び移るための破壊的イノベーションが必要だと感じています」

※テクノロジーを活用し、革新的な保険サービスを生み出すこと。Insurance(保険)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語。

 ジア氏が語る、破壊的イノベーションに向けた取り組みのひとつが、collab 4.0です。collab 4.0は、開催地の日本において、メットライフ生命がもつさまざまな機会に対し、世界中のスタートアップ企業から解決のアイデアを広く募るもの。今回は40数ヵ国から140件のエントリーがあり、10月に6社がファイナリストに選ばれました。ファイナリスト6社は、メットライフ生命の「チャンピオン」と呼ばれる社員との協働により議論を重ね、アイデアをより革新的で実用的なソリューションへとブラッシュアップしていきます。

 優勝した企業は、メットライフ生命と1,000万円の契約を結び、実用化に向けてソリューションの実証実験を進めていくことになります。

「旧態依然とした保険業界に破壊的イノベーションを起こすには、社外とのコラボレーションが欠かせません。collabは世界中のスタートアップ企業とのパートナーシップを築くマッチメイキングのプラットフォームです。ビジネスで直面する課題を解決し、お客さまに対してより一層価値のあるサービスを提供する上で、collabは重要な役割を果たしています」(ジア氏)

 

1000万円よりも大事なこと

 先に触れた通り、collab 4.0の優勝者は、メットライフ生命と1,000万円の契約を結びます。しかし、実際に応募するスタートアップ企業の多くは、別のところに目的を置いているようです。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

2019.01.18

「Salesforce World Tour Tokyo 2018」レポート

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

デジタル変革のためにIT人材を確保する一手とは

2018.02.02

デジタル変革期のITマネジメント第1回

デジタル変革のためにIT人材を確保する一手とは