Bizコンパス

AI時代になってもなくならない仕事
2019.03.24

AIの進化で「職場」はどう変わっていくのか?第3回

AI時代になってもなくならない仕事

著者 鈴木貴博

 人工知能(AI)が進化することで2020年代を通じてホワイトカラーの仕事の多くが消滅していくと言われています。これまでの連載でもお話ししたようなRPA(Robotic Process Automation)が普及すると、いわゆるデスクワークの仕事は省力化されて、オフィスでパソコンに向かってする仕事は激減すると予想されます。

 またナレッジワーカーと呼ばれる高度な専門家の仕事もAIにとって得意な領域です。資格制度がありますから弁護士や会計士といった士業の業務全般はなくならないにせよ、その給与水準が大きく引き下がるのではないかと危惧されています。

 では本格的なAI時代がきてもなくならない仕事は何なのでしょう。今回はそのような仕事のことを考えてみたいと思います。

 

コミュニケーション力を必要とする仕事はなくならない

 現在話題になっている、機械学習にすぐれたAIは、専門型の人工知能と呼ばれています。この専門型のAIは一定の領域の専門知識を学習するのは得意なのですが、絶対的に苦手なことがあります。

 それが、人間と同じようにさまざまな情報を集めながら思考することです。専門領域を超えた知識で考え、判断する仕事。これは少なくとも2020年代に普及する、現在のコンピュータ技術の延長線上にあるAIには難しいと言われています。

 言い換えると“他人とコミュニケーションをしながら人を動かす仕事”は、当面の間はAIにはできないのです。具体的にはリーダーや管理職、経営者として社員を動かす仕事は2020年代に入って消滅せず、かつ会社の中では依然重要で不可欠な仕事ということになります。

 同時に、弁護士や会計士といった専門家の仕事でも、法律や会計の専門実務はAIに大きく置き換わったとしても、顧客へのアドバイスといったコミュニケーション力が重要なコンサルティング業務の側面はなくなることはありません。

 医者でも弁護士でも、その専門知識が買われるのではなく、どのように顧客と接するかが問われるように、仕事の中身が変わります。

 ですから、まず重要なことは、専門家の仕事でも一般のホワイトカラーの仕事でも、他人とコミュニケーションをするスキルを磨いておくことです。この土俵で勝負をするかぎり、AIが普及してきたとしても、仕事を追われるリスクは小さくなるでしょう。

 

フィールドワークが重要な仕事はなくならない

 コミュニケーションと同時にAIがもうひとつ苦手なことは「フィールドワーク」です。つまり、頭脳労働の中でも、フットワークが重要な仕事はなかなかAIに置き換わることはありません。

 たとえば… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

鈴木貴博

鈴木貴博

百年コンサルティング株式会社代表取締役

経営戦略コンサルタント。東京大学工学部卒。ボストンコンサルティンググループ等を経て2003年に独立。過去20年にわたり大手人材企業のコンサルティングプロジェクトに従事。人工知能がもたらす「仕事消滅」の問題と関わるようになる。経済評論家としてメディアなど多方面で活動している。

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

2018.08.31

AIでビジネスの課題を解決する

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

2019.04.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第13回

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

2019.04.17

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

2019.04.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

2019.04.01

人工知能ってなんだろう?

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

次世代技術で企業をつなぎ、オープンイノベーションをサポート

2019.03.20

日本発のイノベーションを世界標準へ

次世代技術で企業をつなぎ、オープンイノベーションをサポート

フェイクニュースから企業ブランドを守るAIが誕生

2019.03.05

アメリカで注目のAIビジネス第4回

フェイクニュースから企業ブランドを守るAIが誕生