Bizコンパス

Twitterも輩出「SXSW」で注目のスタートアップ10社
2019.03.19

シリコンバレー通信第12回

Twitterも輩出「SXSW」で注目のスタートアップ10社

著者 小室 智昭

Twitterも輩出「SXSW」で注目のスタートアップ10社

 Twitter社やForsquare社などが誕生したことで脚光を浴びるようになったイベント「SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)が、3月8日から17日まで開催された。

 SXSWは元々は映画と音楽の祭典として1987年にスタートし、2007年から、”Interactive”というIT関連のカテゴリーが加わり、Twitter社、Forsquare社などの優秀なスタートアップを数多く輩出する世界最大級のカンファレンスになった。

 今回は初めてSXSWの主催者からアナリストとして招待いただいたため、いつものようにスタートアップを中心に会場を回って報告する。

 

SXSW Pitch 2019

 投資に関連する検索プラットフォームを提供しているCyndx社がスポンサーとなり、二日間にわたって「SXSW Pitch」と称するピッチイベントが行われた。

 SXSW Pitchは今年で11回目を迎える人気のコンテンツで、昨年までは「SXSW Accelerator Pitch」という名前で親しまれていた。SXSW Pitchには800社を超えるスタートアップから応募があり、それを10のカテゴリーに分け、それぞれのカテゴリーで5社のスタートアップがファイナリストとして選定された。5社の選定から漏れたスタートアップも、3社がAlternates(次点)として、1分間のElevator Pitchのチャンスがもらえる。しかし、スライドを使っての説明はできない。

 10のカテゴリーは、Transportation&Delivery、Social&Culture、Enterprise&Smart Data、Augument&Virtual Reality、Hyper-Connected Communities、Blockchain、Artificial Intelligence、Sports&Performance Data、Entertainment&Content、Health&Wearble。

 ピッチの持ち時間は、2分間の発表と6分間の審査員との質疑応答。カテゴリーごとに私目線で気に入ったスタートアップを、簡単に1社ずつ簡単に紹介する。

 

(1) ENSO Tyres社(Transportation&Delivery)

 ENSO Tyres社はEV(Electric Vehicle、電気自動車)専用のタイヤを開発しているスタートアップ。登壇したENSO Tyres社のCEOのG.Erlendssonさんによると、EVは既存の内燃自動車と異なる挙動特性があるため、EV専用のタイヤが必要だそうだ。

 同社は素材開発やエアロダイナミックスに基づいた設計を行い、最大で20%もEVの走行距離を伸ばすことができたそうだ。同社の本社はイギリスで、自動車メーカーとの連携のためにドイツにもオフィスを構えている。

 

(2) Volo社(Social&Culture)

 Volo社はボランティアのためのプラットフォームを提供しているスタートアップ。元々は、ボランティアを探している人向けに開発したようだが、ボランティアを探している団体にも提案をしている。そして先日、企業向けのプログラムの提供も開始した。また、ボランティアだけでなく優秀なインターンを募集するためのプラットフォームへの展開も検討している。

 この業界は他にも競合が多数存在するが、Volo社のFounder CEOのMelissa Mitchellさんは、「リクルーティング、マネージメント、キャリア開発」の3つの要素を提供しているのはVolo社だけだ。」と自信をのぞかせていた。

 

(3) Geospiza Swift社(Enterprise&Smart Data)

 Geospiza Swift社は、クラウドベースのビッグデータ分析プラットフォームを提供しているスタートアップ。現在は、オープンデータなどを活用して災害に関するデータの分析を手がけている。

 例えば、危険な地域の可視化や災害時の判断のサポートを行っている。他にも避難経路の提案も行っている。今は、コンサルタントを中心にサービス提案をしている。

 

(4) TunnelWare社(Augument&Virtual Reality)

 立ち見が出るくらいAR/VRのセッションは大人気。その中で私が選んだのは… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

小室 智昭

小室 智昭

大手通信会社でBox社などのシリコンバレーのスタートアップとの協業を推進する傍ら、シリコンバレーなどの北米の尖ったサービス、製品を日本に紹介している。

関連キーワード

SHARE

関連記事

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

2019.02.14

新たなイノベーションはアジアから始まる第1回

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

2019.03.06

新たなイノベーションはアジアから始まる第2回

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

“匠の技”や経営戦略もカバーするAIの可能性とは

2017.08.04

AIベンチャー創業者に聞く「AIの現在と未来」第1回

“匠の技”や経営戦略もカバーするAIの可能性とは