Bizコンパス

テルアビブで発見、注目のセキュリティスタートアップ5社
2019.03.01

シリコンバレー通信第10回

テルアビブで発見、注目のセキュリティスタートアップ5社

著者 小室 智昭

 イスラエル発の製品、サービスは、世界中で利用されている。イスラエルのエンジニアの質の高さから、Apple社、Intel社、Microsoft社、Deutsche Telekom社などのハイテク企業がイスラエルにR&Dセンターを開設している。

 通信事業者の目線でいうと、セキュリティが一番の注目ポイントだ。1月28日から1月30日にテルアビブ市で開催されたCyberTech Tel Aviv 2019はイスラエルで最大のセキュリティに関するカンファレンス。世界中の通信事業者、IT関連会社、投資家がテルアビブ市に集まった。その注目度の高さは、イスラエルのBenjamin Netanyahu(ベンヤミン・ネタニヤフ)首相が基調講演を務めるほどだ。

 ネタニヤフ首相の基調講演では、イスラエルは他国と比べて、1,000人以上の従業員を抱えるハイテク企業のR&Dセンターの数はイスラエルがダントツのトップで、モビリティの分野ではMobileEye社、Waze社など、巨額で買収されるほどの優秀なスタートアップが数多く存在しているとアピールした。セキュリティの分野においては、毎年投資額が増えている。特に2015年以降は急増している。その結果、2014年は10%だったセキュリティ分野における投資に関する世界シェアが2017年には20%にまで拡大した。

 ネタニヤフ首相は、エネルギーの分野にも力を入れていくという。特に再利用可能なエネルギーの分散化、電力のストレージ、Smart Energy Networkが大切だという。Peer to Peerでの取引については、ブロックチェーンに注目しているという。それでは、テルアビブ市で出会ったスタートアップを紹介する。

 

(1) 企業のPoCを促進するProoV社

 企業がスタートアップと連携する場合、必ずと言っていいくらい実施するのがPoC(Proof of Concept)だ。単なる技術確認のためのPoCも日系企業にとっては”技術評価”や将来戦略の立案・説明が求められ、ハードルが高い場合がある。実際にPoCを実施する場合、クラウドベースのアプリであれば、環境構築は比較的容易だが、オンプレミスタイプのアプリの場合は、PoCを実施する企業が環境を構築する必要がある。

 ProoV社は、企業に代わって評価したいスタートアップのPoC環境を構築し、企業のPoCを支援するサービスを提供している。2015年に設立したProov社は3社のベンチャーキャピタルから合計で$20M(2,000万ドル、約22億円)の資金を調達している。現在、1,000社を超えるスタートアップのPoC環境を提供していて、約20の企業がProoV社のサービスを利用している。そのほとんどが米国企業だそうだが、利用している企業は金融、保険、建築、サービスなどと幅広い。

 ProoV社は、PoCを行いたい企業とサービス提案機会を探っているマーケットプレイスとも言える。ProoV社は、スタートアップからの依頼でPoC環境を構築しているが、ProoV社の環境を利用してPoCを実施したい企業からの要望で、PoC対象のスタートアップのPoC環境も構築する。ビジネスモデルは企業への課金モデルで、一番安いメニューだと”2ヶ月間のPoCを1年間で5回実施できるサービス”というメニューで、スタートアップ側には課金しない。ProoV社は2019年からスタートアップにも課金する新たなビジネスモデルの導入を検討しているそうだ。

 ProoV社の本社はテルアビブ市内から車で30分程度北上したHerzliya市というリゾート地にある。ProoV社の本社はモールの空きスペースを利活用し、バルコニーからはオーシャンビューが一望できる。

 

(2) コンテンツに潜むセキュリティリスクをDNS分析するIntezer社

「ハッカーはマルウェアをスクラッチから開発するのではなく、既存のマルウェアを改良している」と話をしてくれたのは、Intezer社のVP Business DevelopmentのNadia Malinoff-Kanさん。

 Intezer社は、コンテンツの中身を分析して、コンテンツの中に潜むマルウェアを特定する。過去に報告されたマルウェアとの親和性の適合率からマルウェアを特定するため、Nadiaさんは「Intezer社のソリューションはマルウェアのDNA分析」と表現する。

 Intezer社の強みは、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

小室 智昭

小室 智昭

大手通信会社でBox社などのシリコンバレーのスタートアップとの協業を推進する傍ら、シリコンバレーなどの北米の尖ったサービス、製品を日本に紹介している。

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

IoTで車両事故ゼロを目指すヤシマ・エコ・システム

2019.02.01

IoTはビジネスの現場をどう変えていくのか

IoTで車両事故ゼロを目指すヤシマ・エコ・システム

3つの失敗例に学ぶ「脆弱性診断」を見極めるポイント

2018.11.28

セキュリティサービスを見きわめる方法

3つの失敗例に学ぶ「脆弱性診断」を見極めるポイント

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

2018.11.22

グローバルなIT基盤を最適化する仕組み

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

年間36万円でサイバー保険付き!CSIRT運営の力強い味方とは

2018.11.07

セキュリティリソースの不足をいかに補うべきか?

年間36万円でサイバー保険付き!CSIRT運営の力強い味方とは