NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

AIが不動産投資ビジネスを変える
2019.02.18

アメリカで注目のAIビジネス第3回

AIが不動産投資ビジネスを変える

著者 前田 健二

 AIが金融の世界を大きく変えつつある中、AIを使って「不動産投資」を行う会社が登場しました。

 ニューヨークに拠点を置く「スカイラインAI」は、四人のイスラエル人起業家が設立したスタートアップ企業です。同社は、AIを使って「掘り出し物」の不動産物件を発掘、実際に投資して高いパフォーマンスを挙げています。同社は2017年に設立したばかりですが、世界最大のベンチャーキャピタルの米セコイアキャピタルも巨額の投資をしています。

 今回は不動産投資の世界のゲームチェンジャーになる可能性を秘めたスカイラインAIを紹介します。

 

「起業して売る」が当たり前のイスラエルで誕生

 スカイラインAIは、ガイ・ジッポリ氏、イリ・アミラブ氏、アミール・ライターズドーフ氏、オール・ヒルチ氏の四人のイスラエル人起業家が立ち上げたスタートアップ企業です。

 幼くしてプログラミングを学んだというジッポリ氏は、16歳の時に初めて会社を立ち上げ、スカイラインAIを立ち上げるまでに複数のテック系企業を立ち上げています。いずれの会社も、アメリカの上場企業に買収されたといいます。余談ですが、イスラエルでは会社を立ち上げ、早期に欧米の企業に売却してキャピタルゲイン(資産を売却して得た売買差益)を得るビジネスモデルが一般的になっています。

 ジッポリ氏は、スカイラインAIを「次世代AIを使った不動産投資マネジメント企業」と呼んでおり、投資対象となる不動産物件の発掘にAIを活用しています。いうなればAIに不動産投資の「掘り出し物」を発掘させ、インカムゲイン(家賃収入などによる利益)やキャピタルゲインなどのリターンを得ているのです。

 

AIはどうやって「掘り出し物」を見つける?

 では、スカイラインAIは、実際にどうやってAIで「掘り出し物」を見つけるのでしょうか。同社は… 続きを読む

前田 健二

前田 健二

フリーランス

東京都出身。2001年より経営コンサルタントの活動を開始し、新規事業立上げ、ネットマーケティングのコンサルティングを行っている。アメリカのIT、3Dプリンター、ロボット、ドローン、医療、飲食などのベンチャー・ニュービジネス事情に詳しく、現地の人脈・ネットワークから情報を収集している。

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

2018.10.24

「最先端AI」で業務効率化する方法後編

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

2018.08.31

AIでビジネスの課題を解決する

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

「DX・脱炭素」でSDGsに貢献するビジネスがある!エバンジェリストが解説

2021.03.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第61回

「DX・脱炭素」でSDGsに貢献するビジネスがある!エバンジェリストが解説

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

政府も推進する「データ利活用」とは?

2021.02.03

これからの時代に求められるデータの利活用

政府も推進する「データ利活用」とは?