Bizコンパス

中国で絶好調のユニクロ、目玉商品も日本より先に発売
2019.06.17

中国発!最新ビジネストレンド情報

中国で絶好調のユニクロ、目玉商品も日本より先に発売

著者 浦上 早苗

 2014年9月、iPhone6の発売日に日本やオーストラリア、アメリカのアップルショップに列をなす中国人“転売ヤー”が話題になった。当時は中国での発売日がこれらの国より1カ月ほど遅く、新機種を周囲より早く手に入れたい中国人は、定価より高いお金を払うことを厭わなかった。

 あれから5年。中国でもiPhoneはアメリカと同じ日に発売されるようになった。それどころか、アップルは中国・香港・マカオで販売するiPhoneをデュアルSIM対応にし、中国市場のニーズにできるだけ応えようとしている。

 いまや消費大国となった中国を後回しにするグローバル企業はほとんどない。そしてユニクロも今月、注目のコラボTシャツを、日本より数日早く中国市場に投入した。

 

カウズとのコラボ、空前のヒットに

 6月3日、中国各地のユニクロ店舗前には、開店前から長蛇の列ができた。正面玄関が開くと同時に、大人たちが全力ダッシュ。ショッピングセンターでは障害物競争のようにシャッターをくぐり、競争相手を排除し、店舗周辺は大混乱となった。マネキンが着ていた洋服も引きはがされ、丸裸にされてしまった。

 客たちが手に入れようとしたのは、ユニクロがニューヨークの著名アーティスト「KAWS(カウズ)」とコラボしたTシャツとトートバッグだった。

 カウズはニューヨークを主拠点に活動しているアーティストで、有名キャラクターの目を「×印」にする作風が特徴。1990年代から注目され、服飾ブランドとのコラボを多く手掛けている。

 今年1月にはクリスチャン・ディオールとのコラボし、ぬいぐるみや衣類を売り出した。すると7500ドル(約80万円)の大きなぬいぐるみが、フリマアプリで3倍以上の価格で取引され、その「転売価値」が大きく注目されることとなった。

 また、2019年4月1日にサザビーズ香港で開かれたオークションでは、日本のファッションデザイナーNIGO氏が出品したカウズのアートが、予想落札価格を大きく上回る… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

浦上 早苗

浦上 早苗

海外書き人クラブ所属、中国経済ライター

1998年から2010年まで西日本新聞社記者。その後中国政府奨学金を受け博士留学(専門は経営学)。中国・大連の少数民族向け国立大学で教員。中国経済ニュース、米国経済ニュースの翻訳の他、中国経済関連記事を執筆。法政大学MBA兼任教員。

関連キーワード

SHARE

関連記事

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

2018.03.14

いま求められる“顧客接点の強化”第5回

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

2019.02.14

新たなイノベーションはアジアから始まる第1回

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

スマホ普及率74%!中国最新動向と企業進出のカギ

2015.12.09

世界の潮流に乗り遅れるな!海外進出のための手引き第2回

スマホ普及率74%!中国最新動向と企業進出のカギ

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

2019.03.06

新たなイノベーションはアジアから始まる第2回

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは