アンケートから読み解くビジネスの課題(第3回)

「エナジードリンク」で疲れは取れるのか?

2018.07.26 Thu連載バックナンバー

 ここ数年、さまざまな商品が登場している「エナジードリンク」。疲労を回復するための成分が入っていますが、栄養ドリンクとは違い、商品ジャンルとしてはジュース(清涼飲料水)のカテゴリに含まれるため、自動販売機やコンビニエンスストアでも手軽に購入できる点が特徴です。残業しなければいけない時や、仕事を精一杯がんばった日の帰りに、愛飲しているビジネスパーソンも多いでしょう。

 しかし、エナジードリンクの効果を、実際に感じている人はどのくらいいるのでしょうか?エナジードリンクに関するアンケート調査(※)から、どんな時に飲まれているのか、そしてどんな効果があるのかを明らかにします。

※特記がない限り、本稿に掲載している調査データは、マイボイスコム株式会社による「エナジードリンクに関するアンケート調査」(第4回、調査期間5月1日~5日、回答数10,587件)に基づく

 

「レッドブル」は日本のエナジードリンク市場に食い込めている?

 調査によると、エナジードリンクについて「飲む」と回答した人は、全体の46%を占めました。男性の10~30代に限ると割合はもう少し高く、60%以上が「飲む」と回答しています。一方で、「飲まない」と回答する人も多く、全体の54%に及びます。

 エナジードリンクを飲む頻度については、全体の26.6%が「月に1回未満」と、頻繁に飲んでいない層が多い結果となりました。しかし、定期的に消費する層も確実に存在します。「月1回飲む」という人は5.5%、「月に数回飲む」が6.9%、「週に1回程度飲む」も4.3%となり、中には、「ほとんど毎日飲む」(0.4%)というヘビーユーザーもいるほどです。

 「直近1年以内に飲んだエナジードリンク」に関する問いでは、1位が… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter