ITサービスの最新動向に迫る(第8回)

「Gmail」が久々のリニューアル、何が変わった?

2018.06.11 Mon連載バックナンバー

 グーグルは4月26日に、メールサービス「Gmail」の大規模アップデートを実施した。2011年ぶりとなる大幅なアップデートだが、一体どのような点が変化し、どのような新機能が追加されたのだろうか。

 

大きく変わったインターフェース

 多くの人が利用している、グーグルのメールサービス「Gmail」。Androidスマートフォンには標準でプリインストールされていることから、個人にも人気が高いメールサービスだが、法人向けの「G suit」を経由して、仕事でGmailを使っている人も多いのではないだろうか。

 そのGmailは、2011年にアップデートして以来、長らく大幅なアップデートはなされてこなかった。そのため、同じグーグルのGmailチームが開発しているメールクライアント「Inbox」と比べると、インターフェースや機能などの面で古さを感じさせる部分があった。しかしながら今年の4月26日に、グーグルはGmailの大規模なアップデートを実施したのである。

 今回のアップデートで特に大きく変化したのは、主にパソコンなどから利用するWeb版であることから、ここではそちらを軸として新機能を説明していこう。

 新しいGmailが大きく変わったと感じさせるのは、見た目とインターフェースだ。基本的な構成や操作は大きく変わっていないものの、ロゴやボタン、アイコンなどはよりモダンなスタイルへと変化している。

 中でも大きな変化を遂げたのは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter