Bizコンパス

QRコード決済の統一規格「JPQR」は普及するのか?
2019.07.12

ITサービスの最新動向に迫る第20回

QRコード決済の統一規格「JPQR」は普及するのか?

著者 佐野 正弘

 スマートフォンとQRコードを用いて決済する「QRコード決済」は現在、各社が独自のサービスを提供している。そのQRコードの規格統一を図るべく、キャッシュレス推進協議会が「JPQR」という規格を策定。2019年8月より一部の県を皮切りとして提供される予定だという。

 しかし、その思惑通り、QRコードの統一化は進むのだろうか。

 

話題のQRコード決済が抱える課題とは

 ここ最近大きな話題となっている、スマートフォンとQRコードを活用したQRコード決済サービス。2019年も大手企業が相次いで参入し、キャンペーン合戦が繰り広げられるなど、その盛り上がりぶりは止まらない。

 だが、QRコード決済サービスの数が増えるに従って、いくつかの問題も浮上しつつある。セブン&アイ・ホールディングスの「7pay」が、2019年7月のサービス開始早々から5,500万円もの不正利用がなされるなど、セキュリティの問題でトラブルを起こすケースが相次いでいるというのもその1つだろう。

 それに加え、構造上の問題として以前より挙げられている問題が、決済に使用するQRコードがサービス事業者によって異なるということである。

「QRコード」自体の仕様は定められているが、決済時に使用するそれは、各社が独自に定めているため、当然ながら互換性はない。導入する店舗側にしてみれば、サービスによってQRコードの仕様が異なることは大きな問題なのだ。

 ひと口にQRコード決済といっても、実はその決済方法には大きく分けて2通りの方法がある。1つはスマートフォンに表示したQRコードを、店頭のリーダーで読み取ってもらう方法。CPM(Consumer Presented Mode)方式だ。そしてもう1つは、店舗にあるQRコードをスマートフォンで読み取り、金額を入力して決済する方法で、MPM(Merchant Presented Mode)方式と呼ばれる。

 前者は、POSなどの変更が必要になるため大企業や大手チェーン店などで導入されており、後者は店舗に印刷したQRコードを置くだけで対応できることから、中小規模の店舗で導入されていることが多い。

 だがCPM方式の場合、次々と新しいサービスが登場している現状、それらを追加する度にシステム改修が必要になるため、手間がかかってしまう。

 後者はさらに厄介で、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

2018.03.14

いま求められる“顧客接点の強化”第5回

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

中国で存在感高まる「現金受け付けない」ホテルやスーパー

2019.05.19

中国発!最新ビジネストレンド情報第8回

中国で存在感高まる「現金受け付けない」ホテルやスーパー