ITサービスの最新動向に迫る(第10回)

急成長「タクシー配車アプリ」のメリットとは?

2018.08.24 Fri連載バックナンバー

住所が分からなくてもタクシーを配車できる

 かつて、タクシーを呼ぶ時はタクシー会社に電話をかけるのが一般的だった。ところが今、タクシー会社に電話をすると「配車アプリを使って下さい」と言われるようになってきた。それくらい、アプリの利活用は急速に広まっているようだ。

 タクシー配車アプリはその名の通り、スマートフォン上でタクシーの配車をするアプリのことを指す。利用できるエリアが広いJapanTaxiの「全国タクシー」が最もよく知られているが、それ以外にもタクシー会社が独自に配車アプリを提供するケースも見られる。

 タクシー配車アプリが人気を集めるようになったのは、やはり利便性が高いからだろう。アプリ上でタクシーに乗りたい場所を地図から指定し、台数や決済手段などを指定するだけで、すぐにタクシーを呼べるのだ。スマートフォンのGPS情報を用いて現在位置を指定できるため、住所が分からなくても現在地にタクシーを呼べるというのは、電話での配車にはない大きなメリットといえるだろう。

 また、全てのタクシー配車アプリが対応している訳ではないものの、オンライン決済が利用できるのも大きなメリットだ。あらかじめクレジットカードなどの情報を登録しておけば自動的に決済されるため、タクシーの車内で決済をする手間が省ける。

 実はタクシー配車アプリはスマートフォンの黎明期から存在しており、先に挙げた全国タクシーも2011年よりサービスを開始している。それがスマートフォン利用者の拡大によって、アプリを利用しやすい環境が整ったことから、人気が急速に高まったといえそうだ。

 

タクシー配車とライドシェアの決定的な違い

 ここで気になるのが、「Uber」に代表されるライドシェアアプリとの違いだ。頻繁に海外へ行く人であれば、最近ではタクシーの代わりに、ライドシェアアプリを使うケースが案外多いことだろう。

 双方の決定的な違いは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter