NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
ビジネスシーンでのLINE利用に潜む「危険」
2017.02.28

私用スマホのビジネス利用に隠されたリスク

ビジネスシーンでのLINE利用に潜む「危険」

著者 福谷 陽子

 近年、スマートフォンが急激に普及し、生活や仕事の一部になっていることから、私用スマートフォンを仕事上でも利用する人が増えています。たとえば、SNSのコミュニケーションアプリ「LINE」を、私用と仕事と区別せずに利用しているケースが多く見られます。

 ですが、このような場合、LINEから企業の重要な情報が流出する恐れがあります。今回は、企業が注意すべき、LINEによる情報流出の危険性の問題について解説します。

 

LINEで最も気をつけたい「友だち自動追加」とは

 LINEは、個人が私的に利用することを目的としたコミュニケーションアプリなので、ビジネス用コミュニケーションアプリのようにセキュリティ設定や管理機能が万全ではありません。オープンなサービスのため、外部からの攻撃を受けやすく、利用者の誤操作による情報漏洩が起こる可能性も高い傾向にあります。

 LINEの誤操作によって、情報漏洩する代表的なパターンは、ふたつあります。

 ひとつ目は、「誤送信」です。LINEは、ユーザー名がハンドルネームで表示されます。実名でないため、友人と上司が似たようなハンドルネームだった場合には、送信先を間違う危険があります。アイコンの変更も自由なので、アイコンとハンドルネームの覚え違いによる間違いも考えらます。同僚のつもりで、社外の人間に業務内容を送ってしまった経験がある人もいるかもしれません。

 ふたつ目は、スマートフォンの電話帳とLINEの連絡先を、自動で同期させる機能「友だち自動追加」による、情報漏洩のパターンです。

 この「友だち自動追加」は、LINEの利用開始時に起こりがちです。友だち自動追加機能は、スマートフォンの電話帳に入っている電話番号を元にLINEのIDを検索し、知人とLINEですぐに連絡が取れるようになる機能です。

 たとえば、私用スマートフォンの電話帳に仕事関係の取引先の電話番号が入っている場合に、誤操作で「友だち自動追加」を利用してしまうと、取引先の人へ… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

福谷 陽子

福谷 陽子

ライター 元弁護士 
弁護士時代に多くの中小企業による相談を受け法律調査、アドバイスや契約書作成サポート等を行っていた。勤務弁護士を経て独立し、7年ほど法律事務所の所長として経営に携わる。京都大学法学部卒、司法試験現役合格。今は元弁護士としての知識経験を活かし、多数のメディアや法律事務所の依頼を受けて、企業法務を始めとする法律関係の記事を執筆している。運営サイト:https://legalharuka.com/ 運営youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC-vYz7An9GHWXsXjWKbmRdw

関連キーワード

SHARE

関連記事

“ビジネス版LINE”は、LINEとは一体何が違うのか

2016.12.22

ケータイ業界の最新動向に迫る第26回

“ビジネス版LINE”は、LINEとは一体何が違うのか

リモートアクセスサービスが実現する安全なBYOD

2015.02.20

急増するスマートデバイスのビジネス活用対策

リモートアクセスサービスが実現する安全なBYOD

5人に1人が紛失経験アリ!スマホの“安心”利用術

2014.03.14

スマホからの情報漏えいを防ぐ

5人に1人が紛失経験アリ!スマホの“安心”利用術

ベッキー騒動から考える、不倫のリスクと解決法とは

2016.02.01

あなたの会社でも起こりうる“もしも”に備える

ベッキー騒動から考える、不倫のリスクと解決法とは