SIMの次世代規格と言われる「eSIM」。アップルの「iPhone XS」などにも搭載されその存在感を高めつつあるが、そもそも従来のSIMとは何が違うのか。そしてeSIMの搭載によって、今後の通信キャリア業界においては何が変わろうとしているのだろうか。

 

デバイスに内蔵しながら、契約情報を書き換えられる

 2018年にアップルが投入した新型iPhone「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種。バリエーションは増えたものの、前機種となる「iPhone X」と比べ機能・性能面での違いが少ないと言われるが、実は以前の機種とは決定的に異なる機能が備わっている。

 それは、2つのSIMを同時に挿入できる、デュアルSIM機構を採用していること。新型iPhoneは、いずれも通常のSIMスロットの他に、もう1つSIMが用意されているのだが、中国・香港向けのモデル以外はSIMスロットが1つしかない。

 ではもう1つのSIMはどこにあるのかというと、「eSIM」と呼ばれるSIMが本体に内蔵されているのである。それゆえ、2つのSIMを利用するにはeSIM対応のキャリアと契約する必要があるのだが、日本ではiPhoneのeSIMに対応するキャリアが存在せず、利用できない状態となっていることから、知らない人が多いかもしれない。

 そもそもeSIMとは何なのかというと、これは「embedded SIM」の略称で、その名前の通り組み込み型のSIMのことを指す。それゆえeSIMは通常のプラスティックカード型のSIMとは異なり超小型のチップサイズで、デバイス内部にはんだ付けするなどして固定されていることが多い。

 eSIMは通常のSIMのように抜き差しすることができない。そのため「契約する携帯電話会社が変わったらどうするのか?」という疑問がわいてくることだろう。だがeSIMには、遠隔操作で契約者情報の書き換えができる仕組みが備わっているので、SIMの抜き差しをするよりも簡単な操作で、通信サービスの契約や変更などができるのだ。

 

法人からのニーズが強かったeSIM

 なぜeSIMが生まれたのかといえば、それは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

関連キーワード

連載記事