NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が共同で提供することを発表した、次世代のSMSとなる新しい携帯電話のコミュニケーションサービス「+メッセージ」。画像や動画、スタンプでのやり取りなど、LINEに近いコミュニケーションができることから、携帯電話会社のLINE対抗サービスとして注目されているが、LINEに匹敵するコミュニケーションサービスになれるだろうか。

 

SMS感覚でLINEのようなメッセージのやり取りが可能に

 SNSや、LINEなどのメッセンジャーアプリが携帯電話のコミュニケーションツールとして主流の座を占めつつある現在。だが携帯電話会社が、そこに新たなコミュニケーションツールを提供すると発表したことが、話題となっている。それが5月9日より提供される予定の「+メッセージ」だ。

 このサービスは、電話番号を用いてメッセージのやり取りができる、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)の次世代版というべきもの。携帯電話の業界団体であるGSMAが標準化している、RCS(Rich Communication Services)という世界標準の規格を用いて作られている。

 それゆえRCSの最大の特徴は、SMS同様、電話番号を使ってコミュニケーションができることとなる。+メッセージのアプリがインストールされているスマートフォンやタブレットを使えば、メールアドレスやアカウントなどを取得し、ログインする……などの手間がかからず、相手の電話番号さえ分かれば手軽にメッセージのやり取りができるというのは非常に便利だ。

 そしてSMSから大きく進化したのはコミュニケーションの仕組みである。

 そもそもSMSは、現在主流の第4世代(4G)より2つ前となる、第2世代(2G)の携帯電話の通信方式の時代に開発されたものであるため、送信できる文字数は全角で70文字、写真も送信できないなど、現在のスマートフォンでやり取りするには制約が多かった。

 だが+メッセージは、現代の環境に合わせてやり取りできる内容が大幅に拡張されているのだ。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐野 正弘

佐野 正弘

ライター

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。著作:『Windows&iPhone連携テクニック Windows 8.1対応』(共著、インプレスジャパン)、『今すぐ使えるかんたんPLUS Androidアプリ 大事典』(共著、技術評論社)、『ポケット百科 Xperia arc 知りたいことがズバッとわかる本』(共著、翔泳社)など

関連キーワード

連載記事