Bizコンパス

A4のペーパーは、こうやって持ち運ぶのが吉!
2013.12.15

話題の文房具を使ってみた第6回

A4のペーパーは、こうやって持ち運ぶのが吉!

著者 棕澤 和宏

 知らない間にとてもとても進化している文具の世界。デジタルなガジェットに負けないアナログな創意工夫の数々に魅了される文具の世界を、実際に使ってレビューします。
 今回は『オレッタ』というキングジム社の製品。手荷物はコンパクトにしたい、でもA4の書類も持ち歩きたい、という願いを一気に叶えるホルダーです。

 

A4の紙って、持ち運ぶのにはどうも中途半端でした……

 A4は、書類の中ではいちばん手に取る機会が多いサイズ。会議などで使うペーパーはもちろん、チラシや案内状など、多くに人に配る紙としてもいちばん多いサイズですね。

 ところがこれを持ち歩くとなると意外と面倒。そのままで持ち歩くとちょっと大きいし、クリアファイルなどに挟むしかない、2つ折りでもまだかさばる、しかし4つ折りにするとあとで見るときにちょっと見づらい……と、結構持て余したりしていました。

 そんな、ささやかな悩みを解消してくれたのは、その名も「オレッタ」。3つ折りという「ちょうどいいサイズ」のソリューションなのです。

 これなら女性用の小さめのバッグにも入れやすいと思いますし、男性のスーツなら胸ポケットにも入るかも。さて、ではどんなときにどんなものを入れましょうか。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

棕澤 和宏

棕澤 和宏

広告制作会社エコトバ 代表取締役

業界デビュー作がJ-WAVEのネーミング。以来コピーライターとして20年以上キャリアを積むが、最近はコピーライティングの知識を生かしたWEBサイトのコミュニケーションプランの提案に軸足を移しつつある。

関連キーワード

SHARE