Bizコンパス

GoogleもFacebookも立って仕事している
2018.06.07

仕事を効率化するちょっとした工夫

GoogleもFacebookも立って仕事している

著者 田中 靖子

 立ったまま仕事ができるように、スタンディスク(立ち机、スタンディングデスク)を導入する企業が増えています。

 海外では特にこの傾向が強く見られます。たとえばオーストラリアでは、政府が主導となって座りすぎの弊害を訴えるテレビCMを流し、立ったまま仕事ができるよう、国が一丸となってオフィス改革を進めています。

 イギリスでは、2011年に政府が「座りすぎの弊害」に関する指針を作成して、経営者に対して警鐘を鳴らしました。イギリス政府の勧告によると、「勤務期間中の座る時間を4時間減らすように、少なくとも2時間は減らすこと」としています。

 立ったまま仕事をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

グーグルもフェイスブックも立って仕事をしている

 立った状態で仕事をするメリットの1つに、仕事の効率を高める点があります。

 立ったまま思考する人は、決断が早いといわれています。アメリカのミズーリ大学のプルードン博士の実験によると、立ったまま考える人は、座って考える人よりも33%早く決断するという結果が出ています。座っているときよりも立っているときの方が、大脳に流れ込む血液が20%も増加し、血液が増えることによって脳の活動が活性化し、集中力が高まって意思決定が早くなるといいます。

 南カルフォルニア大学のバーカイン教授も同様の実験を行い、立ったままの被験者は座ったままの被験者と比べて、意思決定が5~20%も早くなると結論づけました。脳科学の研究でも、立っているときは座っているときよりも脳への刺激が強くなるため、想像力が豊かになるというデータもあります。

 このようなビジネス効率にいち早く注目したのは、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

田中 靖子

田中 靖子

法律家ライター

東京大学卒業後、2009年に司法試験に合格。弁護士として知的財産業務、会社設立等のビジネス関連の業務を扱う。現在は海外に在住し、法律関連の執筆や講演を行っている。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

GoogleとNTT Comが語り合うDXへの期待と展望

2017.12.13

「NTT Communications Forum 2017」に登壇!

GoogleとNTT Comが語り合うDXへの期待と展望

Googleではメールを使わず◯◯◯◯でやり取りする

2017.05.26

なぜあの会社では働き方を変えたのか?第1回

Googleではメールを使わず◯◯◯◯でやり取りする

Google Appsとの連携が企業にもたらす効果とは

2015.03.13

あの企業が採用した理由はここにあった!後編

Google Appsとの連携が企業にもたらす効果とは

働き方とリモートワーク、CIOが今あらためて見直すべきこと

2020.03.31

IT&ビジネス最新ニュース第1回

働き方とリモートワーク、CIOが今あらためて見直すべきこと

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

2020.03.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第36回

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

「オフィス移転」は、働き方改革を進める大チャンス

2020.03.24

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第11回

「オフィス移転」は、働き方改革を進める大チャンス

無駄な単純作業「交通費の申請・承認」をスパッと削る方法

2020.03.24

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第10回

無駄な単純作業「交通費の申請・承認」をスパッと削る方法

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

テレワークで成果を出す鍵は、コミュニケーション環境にあり

2020.03.11

テレワーク導入の“壁”を解決第2回

テレワークで成果を出す鍵は、コミュニケーション環境にあり