技術は日々更新され続けている。そのため、どの段階でビジネスに導入するか、その判断は難しい。技術はそれ単独では有効なツールとなり得ないため、導入しても効果が上がらないという失敗もよく見られる。

 そうした失敗を防ぐ意味で、日露戦争における日本海軍の「無線電信機」の導入と運用は、大きな示唆を与えているように見える。

 明治38年(1905)5月27日から28日にかけて、日本海軍とロシア海の間で繰り広げられた「日本海海戦」は、海戦史上空前のパーフェクト・ゲームとして、日本海軍の勝利に終わった。

 日本海軍の完勝の要因のひとつとして、丁字戦法に代表される高い艦隊運動能力と、同じく高い砲撃能力がよく挙げられる。だが、それは戦場でのこと。日本海軍は海戦に至るまで、当時のハイテクである無線電信機を使用した情報ネットワークを構築し、ロシア・バルチック艦隊を待ち受けていたのだった。

 

パーフェクト・ゲームを求められた戦い

 日露戦争のクライマックスとなった明治35年(1902年)5月27日の日本海海戦で、連合艦隊がロシア第2、第3太平洋艦隊(バルチック艦隊、以下バルチック艦隊に統一)を迎え撃つにあたり、その勝利は――一般的なイメージとは異なり――実は確実なものであった。

 たしかに主力である戦艦の数で、日本側は4隻(『三笠』『敷島』『富士』『朝日』)、ロシア側は8隻と日本海軍が劣勢ではあったが、ロシア海軍の戦艦のうち日本海軍と同等の性能を持つ新型戦艦は『クニャージ・スヴォーロフ』『インペラトール・アレクサンドルⅢ世』『ボロジノ』『オリョール』の四隻のみ。巡洋艦では、日本が、のちに世界の海軍のトレンドとなり巡洋戦艦に進化する新型の装甲巡洋艦二隻(『日清』『春日』)を保有していたのに対し、ロシア側にこの艦種はなかった。*1

 加えて長途の遠征により、バルチック艦隊の各艦の整備状況は劣悪で、規定どおりの性能が発揮できなくなっていた。例えば、新鋭戦艦の『ボロジノ』は、機関の故障で速度が低下している。さらにいえば、ロシア海軍は訓練不足により、技量も低かった(これに関しては、日本海軍側は明確に認識していなかった)。

 対する日本海軍は、旅順要塞が明治35年1月1日に陥落し、旅順港をベースとする第1太平洋艦隊(旅順艦隊)の残存勢力が全滅したことから、旅順の海上封鎖を解き、フネを整備し、徹底的な訓練で乗員の練度を向上させていた。勝利は確実なものだったのである。

 だが問題は、どのような勝利を得るか、であった。

 日露戦争における日本海軍の戦略次元での任務は、遼東半島で戦う陸軍の補給線を確保すること。すなわち、日本海から黄海にかけて海上優勢を維持することであった。したがって、日本海軍は来たるべきバルチック艦隊との戦闘で、有力な艦艇はすべて撃沈・撃破しなければならなかった。

 なぜなら、ウラジオストックに有力な艦艇が数隻でも逃げ込んでしまえば、ロシア海軍はそこから出撃し、日本側の輸送船舶を攻撃することや、近海を遊弋(ゆうよく、艦船があちこち動き回ること)することで脅威を与えて、補給を妨害しようとするからだ。こうしたゲリラ戦的な海上作戦は当時「巡洋戦」と呼ばれ、完全に防ぐことはきわめて困難なことであった。

 実際、日露開戦直後から、ロシア太平洋艦隊の支隊であるウラジオ艦隊は、巡洋戦を行い、軍隊輸送船『常陸丸』などを撃沈・撃破*2。津軽海峡を突破し東京湾沖から駿河湾沖に出没した。これに対応した連合艦隊の第二艦隊は、ウラジオ艦隊の巡洋艦を捕捉することができず、司令長官の上村彦之丞中将は「露探(ロシアのスパイ)」と罵られ、自宅に投石をされたほど世論は沸騰した。

 つまり連合艦隊は、海上補給線の確保という日本海軍の任務から、バルチック艦隊を確実に殲滅しなければならなかったのである。これに加えて、陸軍は奉天会戦で辛くも勝利をおさめており(3月10日)、その結果、日本政府は、戦争終結に向けて動き出していた。バルチック艦隊を殲滅することは、ロシアの継戦意欲を挫折させるという政治上の効果をも期待できたのであった。

 

困難な「海の上で敵を見つけるということ」

 バルチック艦隊を壊滅せしめるべく、連合艦隊が、先任参謀の秋山真之中佐を中心に立案した作戦が、通称「七段構えの戦法」である。この策は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

樋口 隆晴

樋口 隆晴

1966年東京生まれ。編集者、ミリタリーライター。長く雑誌『歴史群像』(学研)の編集に携わり、現在はフリーで歴史・軍事関係の執筆活動を行う。ライターとしては用兵思想や軍隊の運用を主なテーマとした戦史記事を執筆。歴史ムックなどに多数寄稿。主な著書は『戦国の堅城Ⅰ,Ⅱ』『軍事分析 戦国の城』(共著)など。

関連キーワード

連載記事