アラブ首長国連邦(UAE)の国教といえばイスラム教。市内でアルコールは禁じられています。日本なら、同僚との絆を深めるため、飲み屋で同僚と一杯ひっかけるということもありますが、アルコールに厳しいアラブの国では、どのような場所で“飲みニケーション”をするのでしょうか。

 その答えは「コーヒーショップ」です。

 UAEのコーヒーショップは、どんな美味しいコーヒーが出てくるのかと思いきや、実はコーヒーとは名ばかりで、「シーシャ」と呼ばれる水たばこや、紅茶、ジュースがメイン。営業時間も夜からで、店内ほとんどが男性客。それぞれ行きつけの店があるそうです。顔なじみ同氏が水たばこをふかしながらゲームを楽しんで、夜な夜な友情を深めているそうです。

 今回は、アラブの国で行われている“飲みニケーション”ならぬ、“コーヒーニケーション”を紹介します。

 

アラブの夜は「アフター10」から始まる

 アラブの国がコーヒーニケーションを楽しむのは、仕事が終わった夜10時から。アフター5ではなく「アフター10」が常識です。

 なぜこんな夜遅くから遊ぶのかというと、仕事が終わるのが夜10時だからです。

 アラブの国では、昼間の暑さを避けるために、午後の時間帯はほとんどの商店は午後閉まります。家に帰って家族で昼食をとり、そして昼寝の習慣があります。その間、町は静まり返ります。夕方5時でも昼寝中の人が大半。夜6時頃になるとようやく昼寝から覚めて、仕事へ戻る人も出始めます。陽が沈んでから営業再開し、仕事が終わるのは夜の10時過ぎです。そこから、コーヒーショップへと繰り出します。身体をしっかり休めることは、暑い国で暮らす知恵の一つです。

 

アラブの人達は“こってり系ジュース”が好き

 冒頭でも触れましたが、コーヒーショップのメインはコーヒーではありません。フレッシュジュースか紅茶を飲みながら、水たばこを楽しむ店です。

 太陽に奪われたエネルギーを回復するためにも、飲み物は大切です。少し塩気のある飲むヨーグルトは食事のお供。砂糖は全く入れません。

 果物を丸ごと絞ったフレッシュジュースで人気なのは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

アルカッサブ 幸子

アルカッサブ 幸子

海外書き人クラブ所属・アラブ首長国連邦在住ライター

砂漠のオアシスにて紆余曲折すること早10年、二児の母。好きな言葉は温故知新。「カルチャーショックは自分の無意識を意識する貴重な機会」を合言葉に、前向きに暮らす。世界のどこにいても、自分らしく、幸せを大切に生きていきたいと思っています。普段のアラブ生活を書いていきます。ご高覧頂けましたら幸いです。

関連キーワード

連載記事