Bizコンパス

英国では子供の学校送迎は親の義務。皆どうしてる?
2018.08.16

海外発!最新「働き方」事情2018英国・カンタベリー

英国では子供の学校送迎は親の義務。皆どうしてる?

著者 ボッティング大田朋子

 イギリスでは子どもが小学生の間は学校への送迎は保護者が行います。「小児が11歳になるまで送り迎えは親の義務」といった法例があるわけではありませんが、犯罪や誘拐といった心配があり、保護者による送迎が必須なのです。学校への送迎は「スクールラン」と呼ばれ、多くの保護者にとってスクールランは毎日の生活の一部になっています。

 その上、子どもの5人に1人は、車でスクールランをしています。朝の大渋滞を起こす20%はスクールランの車で、通勤ラッシュならぬ「スクールラッシュ」も深刻です。

 筆者が住むイギリス南東部は、国内でもスクールランが一番長い地域で、地元の公立学校に子どもを通学させている家庭でも、毎日平均63分を送迎のために車内で過ごすほどです。親が送迎できない場合は子どもをタクシーで通学させることもあります。

 一日2回のスクールランが必須のなかで、子育て世代の共働き家庭はどう対応しているのでしょうか?

 

小学校で朝食や夕食付き保育サービス

 公立小学校の授業の時間帯は、学年に関係なく朝9時から午後3時過ぎまで。フルタイムで働いている保護者にとって、朝と下校時ともに送り迎えをすることは難しいのが現状です。祖父母など家族の助けがある場合は別ですが、そうでなければ様々な外部サービスを使って状況をやりくりするしかありません。

 共働きの子育て家庭が一番はじめに頼るのは、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

ボッティング大田朋子

ボッティング大田朋子

海外書き人クラブ所属・イギリス在住ライター

同志社大学商学部卒。「朝日新聞デジタル」「ジャパニーズ・インベスター」「エッセ」「日経ウーマン」「日経デュアル」「フィッテ」「DMM英会話」「欧州日通会員誌」など多数のメディアに執筆。『値段から世界が見える!』(朝日新書)、『ジャパンクラス』(東邦出版)、『しらたきヌードルダイエット』(学研)、『大好きに会いに行こう』(サンクチュアリ出版)などに執筆参加

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

働き方改革を加速させる請求書業務の電子化とは

2018.04.20

すべての企業に関わる注目の業務効率化施策を紹介

働き方改革を加速させる請求書業務の電子化とは

“共働き大国”中国における仕事と子育ての両立法

2018.05.01

海外発!最新「働き方」事情2018中国・大連

“共働き大国”中国における仕事と子育ての両立法

“原則バス通学”の理由とは~インドネシアの子育て

2016.03.18

海外駐在員の子育て事情第3回

“原則バス通学”の理由とは~インドネシアの子育て

サイボウズが挑んだ“楽しい”働き方改革の進め方

2018.04.04

成功事例・先進事例に学ぶワークスタイル変革第1回

サイボウズが挑んだ“楽しい”働き方改革の進め方

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

2020.05.27

With/Afrerコロナでビジネスはどう変わるか第1回

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

2020.05.20

テレワーク導入の“壁”を解決第6回

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?

2020.05.15

テレワーク導入の“壁”を解決第5回

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?

在宅勤務でやってしまいがちな「失敗あるある」と、その回避法

2020.05.13

テレワーク導入の“壁”を解決第4回

在宅勤務でやってしまいがちな「失敗あるある」と、その回避法