Bizコンパス

“強制的に”アイデアを出す「マンダラート」アプリ3選
2017.05.29

アイデアを考えるのに最適なアプリとは第2回

“強制的に”アイデアを出す「マンダラート」アプリ3選

著者 浜見 あみれ

 アイディアを生み出す思考法のひとつに、「マインドマップ」があります。前回は、マインドマップがスマートフォン上で作れるアプリをいくつか紹介しました。

 第2回目では、アイディアを“強制的に”生み出す「マンダラート」という思考法と、それをスマホ上で作れるアプリを紹介します。

 

「マンダラート」でアイディアを“絞り出す”

 マンダラートは、キーワードを強制的に考え出さないといけない思考法です。3×3の9マスの枠にキーワードを埋めていき、中央のマスはメインのキーワードを書き記します。残りの8つのマスには、メインのキーワードから考えた新しいキーワードを書いていきます。

 9つのマスが埋まっても、これで終わりではありません。今度は、中央以外の8つのキーワードを中心に、さらに次なるマンダラートを作っていきます。この作業を繰り返すことで、アイディアを絞り出していくのがマンダラートです。

 マンダラートはマインドマップよりも線をたくさん書かないといけないため、紙とペンで描くのは面倒です。むしろ、アプリの方が簡単にマンダラートを作成できます。

 それでは、以下にマンダラートが簡単にできるアプリを3つ紹介します。

 

シンプルで落ち着いたデザインの『MandalArt』

 『MandalArt』は、シンプルで落ち着いたデザインのアプリです。画面を2回タップするとキーワードを書きこめます。

 端に書いたキーワードをタップすると、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

浜見 あみれ

浜見 あみれ

フリーライター

1992年に横浜で生まれ、幼少期はロンドンで過ごす。大学では、マーケティングを学び、オリジナルデザインのグッズやハンドメイドアクセサリーを販売する。明治大学卒業後は一般企業に勤め、現在はフリーライターとして活動中。ブログ「CONFEITO」(http://www.32amire.com/)、Twitter:32amire(https://twitter.com/32amire)

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

服に触ってスマホ操作、リーバイスとグーグルが協業

2017.04.10

海外IT動向ウォッチング 2017年4月~2017年9月第2回

服に触ってスマホ操作、リーバイスとグーグルが協業

Appleも参入「スマートウォッチ」は流行らない?

2014.09.08

海外IT動向ウォッチング 2014年4~9月第23回

Appleも参入「スマートウォッチ」は流行らない?

企業のモバイルアプリはビジネスに貢献しない

2016.10.31

海外IT動向ウォッチング 2016年10月~2017年3月第4回

企業のモバイルアプリはビジネスに貢献しない

こんなブレストでは斬新なアイディアは出ない

2016.05.09

ビジネスの常識を疑え!

こんなブレストでは斬新なアイディアは出ない