NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

二流の営業マンは「自分は向いていない」とグチる
2017.12.10

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第18回

二流の営業マンは「自分は向いていない」とグチる

著者 佐藤 昌弘

「営業に向いていない」という人ほど向いている?

 「わたし、営業という仕事に向いてない気がするんです」という愚痴を、仕事柄、耳にすることがよくあります。

 営業という仕事を一生懸命にやっているにも関わらず、思うように結果を出せない、そんなときに愚痴を言いたくなる気持ちはわかります。実際に、営業に向いていないという性格の人もいるでしょう。

 しかし、「営業に向いている」という性格の人も、そんなに多くは無いと思います。

 世の中のほとんどの人は、営業に向いていない部分と営業に向いている部分を併せ持っています。だからこそ、努力や工夫をして、少しでも得意になっていこうとしているはずです。自分の期待どおりに進まないからといって、「向いてない」と安易に逃げるのは、正解だとは思えません。

 以前、ある営業の方からこんな愚痴を聞いたことがあります。

「私、顧客の嫌な表情に敏感なんですよ。すこしでも嫌そうな表情をされると、それに気付いてしまうんです。そうすると、これ以上、あれこれアピールしても逆効果だなと思えてきちゃいます。だから、そのまま言葉をにごして、なんとなく顧客を逃してしまうんです。でも本当は、顧客を逃しているのではなくて、自分が逃げたいだけなんです。私みたいな性格の人間は、セールスには向いてないのでしょうか」

 私は、この人は営業に向いていない、とは思えません。むしろ、顧客の感情に敏感であるぶん、営業という仕事に向いていると思うぐらいです。

 ではなぜ、営業向きの資質を持っている人が「営業に向いていない」と思ってしまうのでしょうか?

 

営業で嫌な顔をされるのは当たり前

 「自分は営業に向いていない」と思う人は、顧客に対して、過度な期待をしているかもしれません。

 たとえば営業中に、顧客をイライラさせてしまうこともあるかもしれませんが、これはある意味で「当たり前」です。… 続きを読む

佐藤 昌弘

佐藤 昌弘

株式会社マーケティング・トルネード 代表取締役

個人事業者から上場企業までマーケティングとセールス分野のコンサルティングを提供する。著書は「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」等で累計50万部を超え、講演や研修も多数こなす。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

サイバー攻撃にうまく向き合う方法とは

2017.11.10

スペシャリストが語り合うセキュリティ対策の現場

サイバー攻撃にうまく向き合う方法とは

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

2017.09.06

ビジネススピードを加速するIT基盤第3回

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

人材不足、経営者意識改革…セキュリティの課題解決

2016.12.14

解決策がここにある!IT部門のお悩みスペシャル第2回

人材不足、経営者意識改革…セキュリティの課題解決

人材と資金を動員したビジョナリスト・渋沢栄一

2015.01.04

温故知新 時代を作ったビジネス書から学ぶ第2回

人材と資金を動員したビジョナリスト・渋沢栄一

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった