NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
聞き上手になる5つのコツと、上級者のテクニック
2016.07.18

人間関係を良好にするために

聞き上手になる5つのコツと、上級者のテクニック

著者 地蔵 重樹

 決して話し上手ではないのに、いつも誰かに話しかけられている人がいます。また、それほど頼りがいがあるようには見えないのに、多くの人から相談を持ちかけられる人がいます。

 私たちの身近には、“この人と話をしていると安心できる”、“気が休まる”、“つい、たくさん話してしまう”という不思議な魅力を持った人がいます。

 この様な人たちの共通点は、聞き上手ということです。

 中には持って生まれた雰囲気による、天性の聞き上手とも言える人もいますが、聞き上手は後からでも技術として習得できるものです。

 聞き上手になることは、親しみや信頼を得ることですから、人間関係を良好にする為の強力な武器を持つことになります。

 今回は、聞き上手になるためのコツを紹介します。

 

コツ1:相手の承認欲求を満たす

 聞き上手な人は、“誰かに認められたい”という、相手の「承認欲求」をうまく活用しています。

 アメリカの心理学者のアブラハム・マズローは、人間の基本的欲求を5段階に分類しました。それは、[1]生理的欲求、[2]安全の欲求、[3]所属と愛の欲求、[4]承認の欲求、[5]自己実現の欲求であるとしています。

 この中で、特に[2]安全の欲求、[3]所属と愛の欲求、[4]承認の欲求を「欠乏欲求」と呼び、これらが満たされないとき、人は不安や緊張を感じるといいます。この欠乏欲求で最も強力なのが承認欲求であり、人は、誰かに話をしたいとき、この承認欲求を満たしたいと思っています。

 したがって、聞き手が適度に頷いたり身を乗り出したり、あるいは話し手の目を見つめるなどして、相手の話を親身になって聞いている態度を示せば、話し手は承認欲求が満たされるため、ますます話をしたくなります。

 逆に、上の空で聞いていたり、スマートフォンをいじりながら聞いていたりしていては、話し手は興ざめしてしまいます。

 

コツ2:適度な質問を入れて興味があることを伝える

 聞き上手になる基本は、前述の通り話し手の承認欲求を満たしてあげる事です。そのためには、“私はあなたの話に集中していますよ”というシグナルを発信することが重要です。

 ここで効果的なのが、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

地蔵 重樹

地蔵 重樹

フリーライター

ニュースサイトやオウンドメディアなどのWebコンテンツや、書籍のライティングを行う。著書に『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』(日本実業出版社)などがある。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

一流は語らず、ただ聞くのみ。営業に必要な”聞く力”

2016.02.26

「一流」になるためのビジネス理論第2回

一流は語らず、ただ聞くのみ。営業に必要な”聞く力”

気の利いた会話、話題の提供の仕方

2013.10.28

元客室乗務員が教える経営者のためのビジネスマナー第8回

気の利いた会話、話題の提供の仕方

些細な行動でもどんな人物かがわかる13のポイント

2016.07.03

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第65回

些細な行動でもどんな人物かがわかる13のポイント

優れたリーダーなら毎日考えている11のこと

2016.02.13

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第53回

優れたリーダーなら毎日考えている11のこと

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

IT部門は顧客体験を重視せよ–アドビのCIO

2020.08.24

IT&ビジネス最新ニュース第47回

IT部門は顧客体験を重視せよ–アドビのCIO