Bizコンパス

守れない企業は罰金・懲役!「働き方改革」新制度の乗り越え方
2019.09.04

残業の多い企業は要注意

守れない企業は罰金・懲役!「働き方改革」新制度の乗り越え方

著者 田中 靖子

 2019年4月1日、働き方改革の実行を義務付ける働き方関連法の施行が始まりました。大きな制度改革は、「残業の上限規制」と「有給取得の義務化」の2点です。しかし、実はその他にも5つの制度が既に開始しています。

 今回は、2019年4月に始まった、およびこれから5年以内にスタートが予定されている働き方改革の新制度を改めて確認し、働き方改革をどのように進めていけば良いのか、考えてみましょう。

 

大企業では残業上限規制がスタート。守れない企業は罰金・懲役も

 働き方改革における最大の目玉は、残業時間の上限規制です。大企業への適用は、既に2019年4月1日に始まりました。中小企業への適用は1年間猶予され、2020年4月1日から開始します。建設事業や自動車運転業務、医師等については、2024年4月1日から適用されます。

 改正前の法律では、無制限に残業を行わせることが“事実上”可能でした。しかし今回の改正によって、36協定を締結した場合であっても、残業は原則月45時間かつ年360時間が上限となります。不慮の事故が起こった場合や決算による繁忙期など例外の場合も、残業は月100時間に収めなければなりません。

 罰則にも注意が必要です。旧法のルールでは、違反した場合の罰則はありませんでした。新しい法制度では、上限に違反して残業を行わせた場合は、経営者を始めとする責任者に対して、6ヶ月以下の懲役刑または30万円以下の罰金刑が課されるおそれがあります。

 

全ての企業で有給取得義務化もスタート

 2つめの制度は、有給休暇の取得義務化です。2019年4月から全ての企業に対して適用され始めています。

 有給休暇が年間10日以上の労働者には、年間5日以上の有給を取得させることが企業の義務となります。パートやアルバイト等の雇用形態に関わらず、全ての労働者が対象となります。

 企業が有給を取るように命じたにも関わらず、社員が自らの判断で出勤した場合には、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

田中 靖子

田中 靖子

法律家ライター

東京大学卒業後、2009年に司法試験に合格。弁護士として知的財産業務、会社設立等のビジネス関連の業務を扱う。現在は海外に在住し、法律関連の執筆や講演を行っている。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

2019.06.12

DXを加速させるITシステムの運用改革第5回

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

2019.06.07

デザイン思考導入のアプローチ第2回

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

2019.03.27

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法第1回

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

2019.04.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点 第3回

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

2020.05.27

With/Afrerコロナでビジネスはどう変わるか第1回

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

2020.05.20

テレワーク導入の“壁”を解決第6回

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?

2020.05.15

テレワーク導入の“壁”を解決第5回

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?