ジェフ・ベゾスの教え

「自分より優秀な人を採用することを恐れてはいけない」

 アマゾンに入社し、初めて採用面接に臨むとき、その言葉を人事担当者から聞いたことを昨日のように思い出します。そもそもアマゾンに入社するまでは採用面接に立ち会うことなど一度もなく、新卒採用の時とアマゾンに転職する時にしか面接というシチュエーションに身を置くことも無かった私にとって、そのベゾスの言葉の意味を理解することはほぼ不可能でした。

 そしてその真意を理解するのは、後日、ベゾスが1998年の株主書簡に記した言葉を読んだ時でした。

「当社の採用手法に高い基準を設けることは、これまでのアマゾン・ドット・コムの成功において最も重要な要素であり、これからもそうあり続ける」

 驚異的な成長とイノベーションを生み出す組織を維持していくために、優秀な存在を採用し続けることは、アマゾンにとって最も重要な要素であるとベゾスは位置付けているのです。そして自己の保身に走るばかりに、自分より優秀な人間を採用することを恐れてしまうと、組織の成長が止まってしまう事をベゾスは示唆していたのです。自分より優秀な人間を雇ってしまい、自分のポジションが危ぶまれる……そんな恐怖心を捨て去ることが大切であるとベゾスは言っているのです。

 

ジェフ・ベゾスの採用のベースは?

ベゾスは採用の際、以下の3つのポイントを確認するといわれています。

1. この人物を… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

佐藤 将之

佐藤 将之

エバーグローイングパートナーズ代表取締役

アマゾンジャパンの立ち上げメンバーとして2000年7月入社。国内最大級の物流ネットワークの発展に寄与。18年に株式会社エバーグローイングパートナーズを設立。著書『アマゾンのすごいルール』『1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術』『Amazon真の強さの理由』

関連キーワード

連載記事