Bizコンパス

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは
2018.09.26

デジタルビジネスのつくりかた第1回

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

著者 三谷 慶一郎

 デジタル技術は、急激な発展の結果、誰にでも容易に活用できる「新しいモノやコトを創り出すための道具」になりつつあります。この結果、AirbnbやUberに代表されるようなデジタルビジネスが世界中で続々と生まれ広がり始めています。市場の成熟化とともに、全く新しい製品やサービスが顧客に強く求められている昨今、企業がこのデジタルビジネスに注目するのも無理はありません。

 しかし、日本企業の多くは、既存の製品をカイゼンするためのスキルは高くても、全く新しいモノを創り出すことは残念ながらあまり上手ではありません。高度成長期における日本が先進国に対してフォロワーの位置づけだったため、新しいモノをつくり出すことの優先度が低かったことがその理由です。

 デジタルビジネスを企画するときの方法論のひとつとして、最近「デザイン思考」という考え方が注目されています。本稿では、デザイン思考とは何か、それがなぜ新しいアイディアを生むことができるのかについて解説していきます。

 

課題を発見するところからはじめる

 自分が過去に受けた学校教育を振り返ると一目瞭然なのですが、日本の教育の多くは「与えられた課題を効率的に解決する」ことを目的にしています。高度成長期に対応していくためには有効なスキルだったのですが、残念ながらこのアプローチからは新しいモノを考えることは困難です。

 デザイン思考では、課題解決ではなく「解くべき課題を発見する」ところを出発点としています。ただしこれは決して容易なことではありません。ユーザーに「あなたが求めているサービスは何ですか」と聞いたところでほとんど回答は得られないでしょう。

 これに対しデザイン思考では… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

三谷 慶一郎

三谷 慶一郎

株式会社NTTデータ経営研究所 研究理事 情報戦略事業本部長 兼 デジタルビジネスデザインセンター長

企業や行政機関における情報戦略立案や情報システム企画に関するプロジェクトを実施。近年はデジタルビジネスに関する調査やコンサルティングを推進している。博士(経営学)。武蔵野大学国際総合研究所客員教授、情報社会学会理事。近著に「ITエンジニアのための体感してわかるデザイン思考」(日経BP)など

関連キーワード

SHARE

関連記事

いま、リーダーに「美意識」が求められる理由

2017.10.15

エリートが学び始めている新たなスキル第1回

いま、リーダーに「美意識」が求められる理由

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

2018.08.13

絶対に失敗できない仕事を乗り切るには

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

姫路城/美観と実用を兼ね備えた、世界文化遺産の城

2014.01.28

城メグリスト・萩原さちこの「名城に学ぶ」第4回

姫路城/美観と実用を兼ね備えた、世界文化遺産の城

二君には仕えず!敗れし者の美学を貫いた名将・張任

2017.06.21

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第48回

二君には仕えず!敗れし者の美学を貫いた名将・張任

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

2019.10.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第7回

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来