マーク・ザッカーバーグがハーバード大学の学生時代に、ルームメートたちとFacebookを立ち上げたのは有名な話だ。しかし、中国の大学生もアメリカに負けていない。

 中国のシンクタンク「麦可思研究院」が2017年6月に発表した「就業青書:2016年中国大学生就業報告」によると、2016年6月に大学を卒業した人の3%が、進学したり企業に入社したりせず、直接起業したという。2016年の大学(短大含む)卒業生は765万人。つまり22万人が卒業即起業している計算になる。

 

大学生は、ビジネスのユーザーにもスタッフにもなる

 学生起業の代表格は、シェア自転車の「ofo」。北京大学卒業後、辺境地域で教師になった戴威(ダイ・ウェイ)が、自然豊かなその地でサイクリングに魅了され、2014年に大学院生として北京大学に戻った後にofoを創業した。同社は、配車サービスの滴滴出行(ディディ・チューシン)やアリババグループから出資を受け、企業価値10億ドル超のユニコーン企業の仲間入りを果たした。

 中国フードデリバリーの三強の一角を占め、アリババが筆頭株主の餓了麼( Ele.me )は、上海交通大学の大学院生たちが2009年に創業した。

 創業者が在学中に立ち上げたFacebook、ofo、餓了麼には、共通点がある。当初のユーザーが、学内の大学生だった点だ。

 中国の大学生の大半は、キャンパス内かその近くにある寮で共同生活を送る。1室に数人がベッドを並べ、学生食堂や近場の飲食店で連れだって食事するから、家族のように密接な関係になる。広いキャンパスにはスーパー、食堂、宅配便取次所、美容院と、生活に必要な機能も一通りそろい、大学が一つの集落のような社会を形成している。

 たくさんいる学生はユーザーにもスタッフにもなり得る。キャンパスは起業のスタート地点として打ってつけなのだ。

 

大学で生まれた買い物代行アプリの始まりと終わり

 途中で頓挫してしまったが、大連市の大学で一時大人気になったサービスを紹介したい。

 その大学で、買い物を「使い走り」に頼めるアプリ「小蜜蜂(シャオミーフォン)」が登場したのは2014年春。「創業」メンバーの1人で事業を発案した王宏(ワン・ホン)によると、きっかけはささいなことだった。

 授業がないある日、1日中、寮の自室にこもっていた王宏は… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

浦上 早苗

浦上 早苗

海外書き人クラブ所属、中国経済ライター

1998年から2010年まで西日本新聞社記者。その後中国政府奨学金を受け博士留学(専門は経営学)。中国・大連の少数民族向け国立大学で教員。中国経済ニュース、米国経済ニュースの翻訳の他、中国経済関連記事を執筆。法政大学MBA兼任教員。

関連キーワード

連載記事