Bizコンパス

香港の生活に欠かせない「オクトパス」とは
2018.07.22

海外発!最新ITトレンド情報2018中国・香港

香港の生活に欠かせない「オクトパス」とは

著者 りんみゆき

 香港のICカードである「オクトパス」が導入されたのは1997年のことです。日本のSuicaが使われ始めたのが2001年からなので、香港ではそれよりも数年前から普及していたことになります。

 2018年現在では「オクトパス」は3,300万発行されており、香港在住者約730万人のうち99%が持っています。それだけでなく、観光客やビジネスパーソンのリピーターの多くも持っている、香港滞在中の必需品となっています。

 なぜオクトパスの普及率は、これほどまでに高いのでしょうか?

 

そもそもオクトパスとは?

 オクトパスカードはチャージ式のICカードで、MTR(地下鉄)のカスタマーサービスの窓口で簡単に購入できます。最低料金の100香港ドル(約1,300円)とデポジットの50香港ドル(約680円)、あわせて150香港ドル(約2,000円)から購入できます。地下鉄構内には残高を確認できる機械もあり、チャージは駅構内にある専用機械かセブンイレブンやサークルKなどのコンビニ、またはスーパーなどで、50香港ドル単位で追加が可能です。

 特に便利なのは「オクトパスのクレジットカード引き落としのシステム。150、250、500香港ドルのあらかじめ選択した金額が、毎回カードの残高がゼロになると自動的に加算さるようになっています。万が一紛失したことを考慮して、一日に加算できるのは一度限りという設定になっています。セキュリティ面でも安心です。

 

香港の交通機関で大活躍

 香港でオクトパスが瞬く間に広まった背景には、香港ならではの交通事情があります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

りんみゆき

りんみゆき

海外書き人クラブ所属 香港在住ライター

1994年より香港在住。雑誌、機内誌、情報誌の寄稿多数。「台湾・香港deワーキングホリデー」共著。

関連キーワード

SHARE

関連記事

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

2018.03.14

いま求められる“顧客接点の強化”第5回

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

日本上陸間近、中国系モバイル決済アプリの今

2018.05.07

海外発!最新ITトレンド情報2018中国・大連

日本上陸間近、中国系モバイル決済アプリの今

スマホ普及率74%!中国最新動向と企業進出のカギ

2015.12.09

世界の潮流に乗り遅れるな!海外進出のための手引き第2回

スマホ普及率74%!中国最新動向と企業進出のカギ

中国との遅延を解決した濃飛倉庫運輸のクラウド環境

2014.12.24

事例に学ぶグローバルビジネスを支えるクラウド環境第4回

中国との遅延を解決した濃飛倉庫運輸のクラウド環境