Bizコンパス

ダークウェブを支えるのはビットコインと”玉ねぎ”
2017.11.15

あなたの知らないネットの「裏」の世界第3回

ダークウェブを支えるのはビットコインと”玉ねぎ”

著者 岡本顕一郎

 インターネットには「ダークウェブ(闇ウェブ)」と呼ばれる裏の世界があり、サイバー犯罪の巣窟となっています。第1回目ではその概要について、第2回目では実際にダークウェブで発生した事件を取り上げました。

 こうしたダークウェブを支えるのが、匿名の通信システムである「Tor(トーア)」と、仮想通貨「ビットコイン」です。どちらも「匿名性が高い」要素を持つ技術です。

 今回の記事では、なぜTorとビットコインがダークウェブで欠かせない技術なのか、そして警察はそれらの技術とどう戦っているのか、ダークウェブの“最前線”の話題を取り上げます。

 

匿名で通信できる秘密は「玉ねぎ」

 まずは、第1回目、第2回でも度々出てきた「Tor」について解説します。Torは「The Onion Router(玉ねぎルーター)」の頭文字からとられたもので、通信の匿名化技術のことです。なぜ“玉ねぎ”と呼ばれているかは、あとで解説します。

 Torを使うメリットは、通信が匿名化できる点にあります。

 一般的なインターネットの通信は、簡単にいえば、クライアント(利用者)とサーバーが1対1で直接通信をしています。そのため、サーバー側からクライアントの情報(利用しているプロバイダー、主な住所、利用しているブラウザーなど)が判明します。

 しかし、Torでは「オニオンルーティング」という仕組みを利用しているため、クライアントの情報がサーバー側からわからないのです。

 オニオンルーティングの仕組みは、クライアントとサーバーの間に、基本的に3つの中継サーバー(ノード)である、「入口ノード」「中継ノード」「出口ノード」を経由します。これらの繋がりを記すと、以下のようになります。

クライアント(A)→入口ノード(B)→中継ノード(C)→出口ノード(D)→サーバー(E)

 Torを利用してWebサービスを閲覧する場合、AからEに向かって通信が行われます。その際、最初のA→Bへの通信が行われる時点で、3つの鍵(B、C、Dの鍵)を使ってデータを3重に暗号化します。

 次に、Bに通信が来た際、Bの鍵を利用し暗号化を解き、「これはCに向かう通信である」と判断し、Cにデータを送ります。Cも自身の鍵を利用し、暗号を解きDに送信するデータと判断します。各ノード間で玉ねぎの皮を向くように暗号化が解かれるため、オニオンルーティングと呼ばれています。

 各ノードは、隣の送信先・送信元は知ることができますが、それから先の情報はわかりません。またD→Eの部分以外は、すべて通信が暗号化されているため、たとえ盗聴されても、通信の内容やクライアント情報はバレにくいのです。

 オニオンルーティングではこのような多重の仕組みをとっているため、サーバー側や中継地点から最初の接続を知ることが困難になる、つまり、高い匿名性が保てるというわけです。

 

サイバー犯罪者がビットコインを重宝がる理由

 Torと並んでダークウェブを支える存在が、「ビットコイン」です。なぜビットコインが闇市場で活発に利用されているかというと、以下の3つの理由があります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

岡本顕一郎

岡本顕一郎

サイバーセキュリティ企業スプラウトのリサーチャー。白夜書房から発行されていたセキュリティ雑誌『ハッカージャパン』の編集を経て、2014年よりスプラウトの立ち上げに参画、ダークウェブを中心に、最新のサイバー犯罪の調査を行っている。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

サイバー攻撃にうまく向き合う方法とは

2017.11.10

スペシャリストが語り合うセキュリティ対策の現場

サイバー攻撃にうまく向き合う方法とは

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

2017.07.28

素早く手軽にセキュリティの運用負担を軽減する方法

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

新たなセキュリティ対策「インターネット分離」とは

2017.06.30

政府も推奨する、注目のセキュリティ対策を解説

新たなセキュリティ対策「インターネット分離」とは

侵害発見まで99日も!今すべきセキュリティ対策とは

2017.06.23

ファイア・アイのレポートに見るサイバー攻撃の動向

侵害発見まで99日も!今すべきセキュリティ対策とは

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

2019.12.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第24回

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

中国の仮想通貨「デジタル人民元」狙いは国民データの管理?

2019.12.12

ブロックチェーンと仮想通貨の今第3回

中国の仮想通貨「デジタル人民元」狙いは国民データの管理?

なぜリブラは嫌われたのか? Facebookの貢献と誤算

2019.11.12

ブロックチェーンと仮想通貨の今第2回

なぜリブラは嫌われたのか? Facebookの貢献と誤算

ブロックチェーンが教育の現場にもたらす意外な価値とは

2019.09.25

ブロックチェーンと仮想通貨の今第1回

ブロックチェーンが教育の現場にもたらす意外な価値とは

イノベーションは社内だけでは生まれない!「白熱塾」イベントレポート

2019.04.03

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第11回

イノベーションは社内だけでは生まれない!「白熱塾」イベントレポート

明日からサービス開始「J-Coin Pay」って何?

2019.02.28

新たなフィンテックが巻き起こす波紋第8回

明日からサービス開始「J-Coin Pay」って何?

セキュリティ対策が仮想通貨交換所の成否を分ける

2018.10.11

マネーフォワードフィナンシャルに聞く

セキュリティ対策が仮想通貨交換所の成否を分ける

何がどう違う?「仮想通貨」の特徴まとめ

2018.06.24

新たなフィンテックが巻き起こす波紋第7回

何がどう違う?「仮想通貨」の特徴まとめ