Bizコンパス

投資家に「お金を出したい」と思わせる新規事業とは
2017.07.13

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには第4回

投資家に「お金を出したい」と思わせる新規事業とは

著者 吉江 宣慶

 大企業が新規事業に挑戦する際、「組織」や「人事」と同様に重要なのが「資本」です。一般的に、大企業の投資家は安定的な見通しに対して投資を行っています。そのため、安定事業と一線を画する成長事業ほど、投資家の期待とのミスマッチが起きやすく、新規事業への投資に理解が得られない場合があります。

 こうした大企業の「資本のジレンマ」はどうすれば克服することができるのでしょうか? 今回は、投資家を新規事業の味方にするための2つの方法を紹介します。

 

既存の投資家と新規事業への投資方針を共有する

 まず正攻法として、既存の投資家と新規事業への投資方針を共有することが重要です。共有すべき投資方針を「投資対象」(どのような新規事業に投資するか)と「投資方法」(その新規事業にどこまで投資するか)に分けて考えます。

 投資対象について、投資家の理解を得る最も単純な方法は、投資家が求める投資指標(投資額・投資対効果・回収期間等)をクリアする新規事業を投資対象とすることです。

 たとえば、ある大手マーケティング企業では投資対効果を測る内部収益率(IRR)を投資の条件に設定しています。その他にも、新規事業に投資する金額(比率)や投資回収の期限(3~5年)を定めたりするケースもあります。

 「投資指標をクリアする新規事業」という外形的な共通認識が決定したら、次にどのような事業形態であればOKかを具体的に線引きすることが重要です。NGになるラインが分かっていると、手戻りなく新規事業を検討することが可能です。

 たとえば、先の大手マーケティング企業は、新規事業としてEコマースを始めることを検討していました。Eコマースと言っても様々な事業形態がありますが、同社の場合は… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

吉江 宣慶

吉江 宣慶

経営コンサルタント

外資系コンサルティングファームのプロジェクトマネージャーとして、大企業を中心としたビジネスモデルを変革する新規事業立ち上げのハンズオン支援、大企業×ベンチャーのコラボレーションを促進するM&A戦略の立案、デジタル業界などのニューエコノミーのビジネスデューディリジェンスを得意としている。

関連キーワード

SHARE

関連記事

米誌が選出「ビジネスに理想的な国」1位はあの国

2017.03.02

世界に投資する!ビジネスに理想的な国とは

米誌が選出「ビジネスに理想的な国」1位はあの国

インフラ投資はマルチクラウド対応、HCIに着目!

2017.02.01

乗り遅れるな!2017年、見極めたいICTの大波第1回

インフラ投資はマルチクラウド対応、HCIに着目!

赤の他人が商標を勝手に出願、無視して大丈夫?

2017.03.29

あなたの商標は大丈夫?知的財産権の基本ルール

赤の他人が商標を勝手に出願、無視して大丈夫?

21世紀に起こりうる「バブル」に気付けるか?

2017.05.25

歴史から学ぶバブルの仕組み第2回

21世紀に起こりうる「バブル」に気付けるか?

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

2019.10.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第7回

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

2019.08.23

デジタルトランスフォーメーション最前線

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説