Bizコンパス

上司の「ムチャ振り」は、評価を得る絶好のチャンス
2016.02.15

悩めるミドルマネージャーたちへ

上司の「ムチャ振り」は、評価を得る絶好のチャンス

著者 KEISUKE

 誰もが経験したことのある突然の「ムチャぶり」。抱えている仕事の量が多いときほど、やっかいなタスクが振られることも少なくありません。しかし、これらのタスクに対して「また押し付けられた」というマイナスな感情で取り組めば、やっつけ仕事となりクオリティーも下がってしまいます。

 突然の仕事でも前向きに受け止め、期待以上の結果を残すためにどのような姿勢で取り組めばいいのでしょうか。ここで、ムチャぶりされたときのとるべき対応を考えていきましょう。

 

逃れられない「ムチャぶり」の活かし方

 ビジネスマンである以上、上司から突然の「ムチャぶり」を受けることはよくあることです。無理だと感じたとしても、たいていの場合、振られた側に断るという選択肢はありません。迷惑に感じてしまうムチャぶりですが、それは同時に自分の実力をアピールするチャンスでもあります。高評価を得るためには、突然のムチャぶりに対してどのようなクオリティーで仕事を仕上げるかいう点が重要です。

 ムチャぶりをする上司は、日頃から同じような仕事の振り方をそれぞれの部下にしています。そのため、厳しいタスクを期限までに間に合わせても、それだけでは当たり前のものと受け取られ、なかなか評価につなげることができません。

 高評価を得るためには、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

KEISUKE

KEISUKE

ライター・WEBディレクター

プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのWEBディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

仕事を効率化するなら、完璧主義よりも「最善主義」

2015.10.22

今すぐできる組織の改善第2回

仕事を効率化するなら、完璧主義よりも「最善主義」

自然とキャリアアップできてしまう10のポイント

2015.12.01

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第41回

自然とキャリアアップできてしまう10のポイント

「上司の命令だから自分に責任はない」は本当か?

2015.10.26

結論から読み解く「嫌われる勇気」第4回

「上司の命令だから自分に責任はない」は本当か?

錦織圭の躍進に見る、「才能」の大事な育て方

2015.11.25

世界を相手に勝つ日本人アスリート第2回

錦織圭の躍進に見る、「才能」の大事な育て方