Bizコンパス

ビジネスで活躍するなら「感情」にフォーカスすべし
2019.02.11

今すぐできる組織の改善第74回

ビジネスで活躍するなら「感情」にフォーカスすべし

著者 古川 武士

 私は習慣を、行動習慣、思考習慣、感情習慣の3つに分類しています。行動と思考が習慣であることは理解されやすいのですが、感情も習慣でできあがっています。本日は感情習慣とその重要性について語り、感情習慣を豊かにするためにはどうすればいいかを紹介したいと思います。

 

感情習慣とはなにか?

 ビジネスの世界では、論理・正しさが重視されますので、「感情」というと、どうも違和感のあるテーマと受け取られがちです。しかし、私たちは感情の生き物。驚くほどに感情で動き、感情で生きています。

 私たちの行動や思考にパターンがあるように、心で感じている感情にもパターンがあります。私は人生を豊かに生きる、幸せに生きる、長くビジネスで活躍するには、感情の習慣を良くすることが重要だと思っています。

 ただし、どうしても日頃の忙しさに追われていると、「感情」にフォーカスする時間はなく、むしろ蓋をしてしまった方が、面倒はなくていいと思いがちです。

 しかし、感情習慣が悪くなると、どんどん思考、行動習慣に悪影響が及び、人生や仕事の充足感のなさに繋がっていきます。

 では、最初に普段の感情をプラスとマイナスの面で見てみましょう。

プラスの感情「安心・リラックス・自己肯定感・達成感・気づき・感謝・完了感」

マイナスの感情「不安・焦り・自己嫌悪・落ち込み・後悔・恐怖・イライラ・未完了感」

 上記のうち、どんな感情を味わっている時間が長いでしょうか?

 ポジティブ心理学では、「3:1の法則」という概念があります。長く健康的に活躍できる人の心の中では、「ポジティブ感情3」に対して、「ネガティブ感情1」を味わっているというのです。

 この法則が面白いところは、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

古川 武士

古川 武士

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

関西大学を卒業後、日立製作所などを経て06年に独立。約2万人のビジネスパーソンの育成と、約500人の個人コンサルティングの経験を元に、習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。個人向けの習慣化支援、企業への行動定着支援を行っている。著書に『30日で人生を変える「続ける習慣」』、『新しい自分に生まれ変わる「やめる習慣」』『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』など17冊、70万部がある。

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

第一興商とNTT Comが語る、人手不足解消の妙手とは

2018.11.30

労働人口減少を見据えた省力化ソリューションを考える

第一興商とNTT Comが語る、人手不足解消の妙手とは

デジタル変革のためにIT人材を確保する一手とは

2018.02.02

デジタル変革期のITマネジメント第1回

デジタル変革のためにIT人材を確保する一手とは

「あふれ呼問題」「オペレーター不足」の解決策とは

2018.09.28

“つながらない”コンタクトセンターの課題を解決

「あふれ呼問題」「オペレーター不足」の解決策とは

「ネット炎上」のピンチをチャンスに変える方法とは

2018.08.22

企業に求められる、これからの「SNS対策」

「ネット炎上」のピンチをチャンスに変える方法とは