今すぐできる組織の改善(第59回)

書くだけで心のストレスが解消するノート術

2018.06.19 Tue連載バックナンバー

 不安、焦り、自己嫌悪、落ち込み、後悔、恐怖、イライラ、未完了感……。このようなネガティブな感情を解放させるための打開策になるのが、「書く習慣」です。今回は、書くだけで心がスッキリする方法を紹介したいと思います。

 

頭と心が混乱しているA子さん、その原因は?

「イライラして家族に当たってしまうし、休日も休まらないんです。この状況から抜け出したい」(A子さん)

 これは、私が雑誌編集者として働くワーキングマザーのA子さんから聞いた悩みです。私は、イライラを生み出している要因を知るために、現状を丁寧に聞いてみました。すると、次のような内容が出てきたのです。

 

【1】毎日仕事の締め切りに追われ、不安が渦巻いている

 月刊誌の雑誌編集者は、月に1度の締め切りに追われています。A子さんは取材を10本行ない、それぞれ文章としてまとめる仕事をしています。さらに、原稿を執筆者にチェックしてもらい、さらに返答を待つが、予定通りにレスポンスをくれない人をフォローするのも仕事の一つです。

【2】Facebook、LINEの未読返信が残っている… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

やめたいのに、ついやってしまう習慣を手放すには?
古川 武士

古川 武士

習慣化コンサルティング株式会社 代表取締役

関西大学を卒業後、日立製作所などを経て06年に独立。約2万人のビジネスパーソンの育成と、約500人の個人コンサルティングの経験を元に、習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。個人向けの習慣化支援、企業への行動定着支援を行っている。著書に『30日で人生を変える「続ける習慣」』、『新しい自分に生まれ変わる「やめる習慣」』『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』など17冊、70万部がある。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter