昨今、プロ野球においてピッチャーが投げるボールの「回転数」がニュースなどで取り上げられる機会が増えています。その背景にあるのが「トラックマン」と呼ばれる装置です。そこで得られるデータ解析によって何がわかるのか。株式会社ネクストベースの中尾信一氏に伺いました。

 

プロ野球チームが導入を急ぐトラックマンの正体

 プロ野球界における新たな“ツール”として、急速に広まっているのが「トラックマン」です。これは迎撃ミサイルであるパトリオットの開発で生まれた技術を利用した弾道測定器であり、ドップラーレーダーによってボールをトラッキングする装置です。先行して普及したアメリカではすでにメジャーリーグ全30球団の球場に設置されているほか、日本でも2015年に東北楽天ゴールデンイーグルスが導入したのを皮切りに、広島東洋カープを除く11球団がすでに導入しています。

メジャーリーグにおける「トラックマン」の導入状況

 トラックマンで取得できるデータは、ピッチャーが投げたボールの球速はもちろん、回転数や回転軸、変化量、さらには打撃時の球速や角度、飛距離など数多くあります。これらを利用することでピッチングやバッティングに関する情報を可視化し、練習やプレーに役立てられることがトラックマンの大きなメリットです。

「トラックマン」により取得されるデータ

 とはいえトラックマンから出力されるのは単なるデータであり、それを活用するためには“解析”作業が欠かせません。しかしトラックマンで取得できるデータは膨大であり、それを適切に処理して意味のある結果を生み出すためには、高いスキルや豊富なノウハウが要求されます。そこで、このトラックマンのデータを用いたデータ解析サービスを「BACS(Baseball Analytics and Coaching System)」として提供しているのが株式会社ネクストベース(以降、ネクストベース)です。

 自身も立教大学の野球部でプレーしたネクストベースの代表取締役社長である中尾信一氏は、「スポーツに取り組む人が笑顔を見せられるように支援していきたい、その思いでネクストベースを設立しました。」と話し、将来的には子どもたちがデータを見ながら考える力を身につけられるようにしたいと展望を語りました。

「僕たちの時代の野球は、監督やコーチに教えられたことを守ることが重要で、エラーすれば単に怒られるだけというケースが多かったように思います。そうではなく、なぜ自分がうまくできなかったのかをデータで見て、自分で理解する。その上で何をしなければならないのかを考える。ビジネスの世界ではPDCAが大切だと言われますが、それと同じことを小さいうちからスポーツを介して経験する。そういった流れを作りたいと考えています。」

 

弱小球団を常勝チームに変えたデータ解析

 このように設立意図を話した中尾氏は、実際にトラックマンを使うことでどのような価値が生まれるのかを教えてくれました。

「これまでも野球ではさまざまなデータが使われていましたが、基本的には過去のデータから未来を予測するという形だったのです。しかしトラックマンを使えば、ピッチャーであればストレートやカーブ、スライダー、シュートなどの各球種を分析することで、このピッチャーはこういうタイプだということが分かる。同様にバッターも、得意なコースや球種などが明確にできる。それを掛け合わせると、次はこういう結果だろうとある程度予測することが可能になる、そういう世界になりつつあるのです。」

 そうした予測を行うために必要となるのがデータ解析です。その重要性について、中尾氏は料理に例えて説明します。

「わかりやすく例えると、データ解析は料理と一緒だということです。トラックマンで取得できたデータは、超良質の素材です。それをどういう料理に仕上げるのかはシェフの腕次第。これが解析作業です。下手な調理人が料理するとろくでもないものができてしまうのと同じように、データを生かすも殺すも解析作業次第というわけです。」

 実際、トラックマンで得られたデータを駆使し、昨年のメジャーリーグを制覇したのがヒューストン・アストロズだといいます。

「ヒューストン・アストロズは革新的でした。ジェフ・ルーノウというGMが加入し、徹底的に選手の年俸を削減する代わりに、データ解析のスペシャリストやスカウトに資金を割り振りました。それにより、年間100敗するような弱小球団を5年がかりで年間100勝するチームに変えてしまいました。メジャーリーグの各球団はアストロズのやり方を採り入れ始めていて、データ分析がこれまで以上に注目されています。」

 

解説者が話すボールの“キレ”って何?

 それでは、トラックマンのデータを解析することで、どういったことが見えてくるのでしょうか。中尾氏が示したのは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード

連載記事