11月に入り、朝の通勤時や仕事を終えて帰宅する頃になると、上着なしでは肌寒く感じるようになりました。「一日の最低気温が10℃を下回ったら、コートとマフラーの出番」と言われていますが、そろそろクローゼットから仕事用のコートを取り出して、防寒のための準備をしておく必要があるでしょう。

 しかし、コートもファッションアイテムの1つである以上、単に防寒目的ではなく、相手に与える影響も考えてチョイスすることをお勧めします。うまく着こなせば、同僚や社外のビジネスパートナーに、ワンランク上の印象が与えられます。

 今回は、“男の格”を上げるビジネスコートの選び方を紹介します。

 

ピーコートは「お蔵入り」にすべし!?

 ビジネスコートは一時期、ピーコートのような着丈の短いもの流行りましたが、ここ最近のトレンドは、膝上丈ほどのコートです。お尻が隠れるぐらいのショートコートを持っていたら、それはしばらく「お蔵入り」させて、やや着丈の長いコートを選んで着用するのが良いでしょう。

 さらに言うと、ビジネスもカジュアルも、メンズの着こなし全体が「ややゆったり目」の着こなしとシルエットが今の流行りなので、仕事着にも“Comfort=快適さ、心地良さ”がスタンダードになってきています。

 実際、ビジネススーツやコート売り場に行くと「Traveler」と表記された商品タグをたくさん目にするはずです。「Traveler」と付いているものは、「出張や旅行に使えるアイテム」という意味で、ビジネスマンが求める「軽量」「防シワ」「程よい伸縮性」という3条件を満たすもの。つまり、持ち運びに便利で、シワがつくことを心配する必要もない、着心地が楽なビジネスギアなのです。

 今の人気ファッションアイテムは、まず「軽い」ことが必須です。洋服はもちろん、靴もバッグも腕時計も「軽い=楽」と解釈されて、コートなどでは重い天然素材のものは「真冬に着るもの」あるいは「ファッション好きのおじさんが好むもの」と見られています。

 そんなトレンドの中で、いま人気を集めているコートが、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

梶井 誠

梶井 誠

ファッションエディター・ライター

1961年福井県出身。講談社のメンズファッション雑誌『Checkmate(チェックメイト)』編集部のファッション班を経てフリーランス。セレクトショップのカタログやメンズ雑誌のファッションページの取材・原稿を担当。JFA(財団法人日本サッカー協会)「なでしこジャパン」命名などネーミングも手がける。

関連キーワード

連載記事