仕事で忙しい毎日を送っているビジネスマンの中には、スキンケアを十分に行っている人もいれば、そうでない人もいます。いつもでも若々しく、清潔感がある肌を保ち続けるために、今回は正しいスキンケアとシェービングの方法をQ&A形式で答えます。

 

自分の顔を鏡で見て“異変”に気づくことも!?

【Q1】「スキンケア」と言われても、今まで特にやったことはありません。具体的には、何をすれば良いのでしょうか?

【A1】基本は「洗う」「潤す」「補う」の3点で大丈夫!

 かつては、「男のファッションはインベストメント(投資)だ」というムードがあり、オーダーメイドのスーツや高級靴、高級腕時計などが“自分への投資”という視点で語られたことがありました。

 ただ、そうは言っても体型は変わるし、スーツや靴の素材は劣化します。本当の意味での自己投資を考えると、ベストを尽くすべきは、スキンケアやボディケア、ヘアケアです。

「最近忙しくて、自分の顔を鏡でじっくり見ていない」という人は、これを機会にぜひ自分の顔をチェックしてください。よく見ると、ところどころにシミがあったり、目尻にシワを発見したり、アゴがたるんでいたり、小鼻周辺が黒ずんでいたり……。

 その顔を周囲に晒していたと思うと、ゾッとします。しっかり洗って、水分を与えて、栄養を補ってあげれば、少しの時間と手間で“良い表情”が生まれます。

 ビジネスマンに「スキンケアをしていますか?」と尋ねると、朝起きて顔も洗わず出勤するという人から、一通りのスキンケアをして最後にUVケアまでする完璧派まで、美容事情は実に様々です。

「自分も顔を洗うぐらいだなぁ」という人はぜひ、洗顔後に化粧水と美容液(乳液)を加えてみてください。1ヵ月続けると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

梶井 誠

梶井 誠

ファッションエディター・ライター

1961年福井県出身。講談社のメンズファッション雑誌『Checkmate(チェックメイト)』編集部のファッション班を経てフリーランス。セレクトショップのカタログやメンズ雑誌のファッションページの取材・原稿を担当。JFA(財団法人日本サッカー協会)「なでしこジャパン」命名などネーミングも手がける。

関連キーワード

連載記事