「見た目」でビジネスマンの価値を変える(第2回)

ビジネスシーンでボタンダウンシャツは止めなさい

2018.03.31 Sat連載バックナンバー

 メンズファッションも他の物事と同じく、「知れば知るほど怖くなる」もので、男性の装いには「着こなしの鉄則」が脈々と受け継がれています。たとえば今回取り上げる“ボタンダウンシャツ(以下、BDシャツ)”も、実はオフィシャルなビジネスシーンではNGです。

「そう言うけど、テレビに出ているコメンテーターや評論家でBDシャツにタイドアップ(ネクタイを締める)しているのをよく見る」と反論を受けそうですが、よく見てください。そういう男性はだいたい“トラッド世代”のおじさんかおじいさんです。

 

ボタンダウンシャツは、カジュアルシャツです

 2005年にスタートし、昨年が13年目、今年が14年目を迎えるクールビズ。その期間は5月1日から9月30日までとなっています。昨年の10月末、秋の気配が濃くなる頃、私は驚くべき光景を目にしました。某上場会社の幹部・幹部候補を集めた研修会に参加したとき、会場に約50名ほどいたでしょうか、その9割ほどがスーツにBDシャツ+ネクタイという着こなしでした。

 最初は何気なく見ていたのですが、紺のスーツに白のBDシャツというのが制服のように見えて、その会社の広報担当にさり気なく理由を聞くと(ちなみに、その担当も同じ着こなし)、「夏のクールビズでボタンダウンを着ているので、秋になってそのままネクタイを締めているからでしょう」という答え。即答に感心するのと同時に、これはまずいとも感じました。

 何がまずいのか。それは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

梶井 誠

梶井 誠

ファッションエディター・ライター

1961年福井県出身。講談社のメンズファッション雑誌『Checkmate(チェックメイト)』編集部のファッション班を経てフリーランス。セレクトショップのカタログやメンズ雑誌のファッションページの取材・原稿を担当。JFA(財団法人日本サッカー協会)「なでしこジャパン」命名などネーミングも手がける。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter