Bizコンパス

なぜ「ボナンザ」は従来の将棋AIよりも強いのか
2017.12.22

AIの進化を辿る第2回

なぜ「ボナンザ」は従来の将棋AIよりも強いのか

著者 松原仁

 今やプロを負かすほどの強さを備えた「将棋AI」。その研究は1970年代にスタートしたが、当初は1局を指すのに2カ月もかかるほどで、強い/弱いどころの状況ではなかったという。

 そんな将棋AIが、なぜ強くなったのか。前回に引き続き、公立はこだて未来大学の松原仁教授が語る。


 

「森田将棋」が変えたもの

 コンピュータは1970年代までは大学や企業などにしか置いてなかったが、1980年代になってパソコンが登場して家庭にコンピュータが普及するようになった。大学や企業ではコンピュータの用途は研究や仕事であったが、家庭では遊びの用途が大きな部分を占めることになる。パソコンで遊ぶための一つとして将棋AIの開発が盛んになった。

 初期の将棋AIとして最も有名なのが「森田将棋」である。これは自身も将棋が強い森田和郎さんが開発したもので、1985年に市販が開始された(1980年代初めから他の将棋AIが市販されていた)。

 それまでの将棋AIがとても弱かったのに対して、森田将棋は数十手先を読むような深い思考はできないものの、3手先5手先まで先読みをしてある程度の強さが実現できるようになり、パソコンの普及とともにベストセラーになった。彼が自分の名前をプログラム名につけたので、その後の将棋AIは名前をつけることが流行した。その例として柿木将棋、山下将棋システム(YSS)、金沢将棋などがあげられる。

 1986年には将棋AIの関係者が「将棋プログラムの会」を設立し、それが1987年に「コンピュータ将棋協会」と名称変更した。コンピュータ将棋協会は1990年から毎年コンピュータ将棋選手権を実施している。森田将棋以降は極(金沢将棋)、YSS、IS将棋、激指などが選手権で優勝して市販された。将棋AIがアマ有段者レベルになったのは1990年代半ばである。市販の将棋AIがよく売れていたのは1980年代半ばから1990年代までで、この時期は毎年のように新バージョンが発売されていた(2000年代後半以降は将棋AIが多くの将棋ファンより強くなって売れなくなってしまった)。

 

将棋AIのむずかしさ

 前項で取り上げた通り、1990年代の将棋AIはアマ有段レベル止まりだった。しかし、チェスAIは同じ頃、チェスの世界チャンピオンに勝利している。なぜ、チェスにできて将棋はできなかったのか。その大きな理由のひとつに、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

松原仁

松原仁

公立はこだて未来大学副理事長兼システム情報科学部教授

株式会社未来シェア社長。人工知能、ゲーム情報学、知的交通システムなどの研究に従事。編著書に「将棋とコンピュータ」、「コンピュータ将棋の進歩」、「先を読む頭脳」など。前人工知能学会会長。将棋アマ5段。

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2019.06.07

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

2019.04.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第13回

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

2019.04.17

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

2019.04.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

2019.04.01

人工知能ってなんだろう?

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

AI時代になってもなくならない仕事

2019.03.24

AIの進化で「職場」はどう変わっていくのか?第3回

AI時代になってもなくならない仕事

次世代技術で企業をつなぎ、オープンイノベーションをサポート

2019.03.20

日本発のイノベーションを世界標準へ

次世代技術で企業をつなぎ、オープンイノベーションをサポート

フェイクニュースから企業ブランドを守るAIが誕生

2019.03.05

アメリカで注目のAIビジネス第4回

フェイクニュースから企業ブランドを守るAIが誕生