Bizコンパス

食肉業者から天下の大将軍へ。「何進」その波乱万丈の生涯
2019.06.21

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第68回

食肉業者から天下の大将軍へ。「何進」その波乱万丈の生涯

著者 上永 哲矢

 三国志の世界には、さまざまな英雄が登場する。その多くは、前回取り上げた韓当(かんとう)のように、長い下積み生活から出世を遂げた人物である。しかし中には、特に苦労もせず、いきなりトップの座へと駆け上がった人物もいる。

 今回取り上げる何進(かしん)も、突然トップに躍進したタイプである。しかも、食肉業者から将軍へ登り詰めるという大出世だ。なぜ彼はそんな出世ができたのか?そして、リーダーとしてちゃんと振る舞えたのだろうか?

 

妹が皇后となり、人生が一変

 時は霊帝(れいてい)の治世、後漢王室が衰退への道を辿っていたころ、ひとりの女性が後宮へ入った。彼女の名は「何氏(かし)」。荊州の食肉業者、何氏の出身であることから、彼女も実家の姓をとって何氏と呼ばれる。後宮へ入った何氏は長身で気が強かったが、霊帝に気に入られ、まもなく男の子を産んだ。のちの少帝・劉弁(りゅうべん)である。

 一介の食肉業者の娘が、なぜ後宮へ入れたのか。それは同郷出身の宦官・郭勝(かくしょう)のコネがあったという。相当に賄賂も積んだのだろう。

 それと同時に、何氏の兄である何進も、朝廷への出仕が許された。昨日まで豚や羊をさばいたり、仕入れをしていた食肉会社の経営者が、ある日から高級官僚になったのだ。まことに人生は何が起こるかわからない。

 皇帝の子・劉弁を産んだ何氏は、やがて皇后に立てられたため「何皇后」と呼ばれる。何進も首都・洛陽に招かれ、皇帝直属の武官として宮殿を闊歩するようになった。一体どんな気分であっただろうか。

 

いきなり大将軍となり、大仕事をやってのける

 そんな折、天下を揺るがす「黄巾の乱」が起きた。民を省みない賄賂政治が横行するばかりの後漢政府に対し、民衆たちが武装蜂起したのである。

 後漢政府も、これに立ち向かわなければいけない。当時、朝廷を牛耳っていたのは十常侍(じゅうじょうじ)と呼ばれる上級宦官たちであった。だが、彼らには軍隊の指揮などできなかった。そこで、軍の指揮をとる「大将軍」に任命されたのが、誰あろう何進であった。

 大将軍は、天下の官軍すべてに命令できる権限を持つ要職である。つい最近まで市井の側にいた人物に、そのような大任が務まるのか・・・・・・。心配の声も上がっただろう。

 ところが、何進は… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

上永 哲矢

上永 哲矢

歴史著述家・紀行作家。日本の歴史、および『三国志』をはじめとする中国史の記事を多数手がけ、各種雑誌やWEBサイトに寄稿、連載を持つ。全国各地の史跡を取材し、城や温泉にも造詣が深い。著書に『三国志 その終わりと始まり』(三栄書房)、『偉人たちの温泉通信簿』(秀和システム)など。神奈川県出身。

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる? 今から始めるセキュリティ対策

2019.06.05

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方後編

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる? 今から始めるセキュリティ対策

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

2019.06.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第6回

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

2018.06.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第2回

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所