曹操が治めた魏国において、「五将軍」という、武勇に優れた5人の将軍たちがいる。これまでに張遼于禁徐晃の3人を紹介したので、残るは楽進(がくしん)、張コウの2人となった。今回は楽進にスポットを当ててみたい。

 

名もなき「記録係」として採用される

 楽進が生まれたのは黄河の流域の河南(かなん)、春秋戦国時代には「衛(えい)国」と呼ばれた土地だった。そこは中原(ちゅうげん)に位置する文化の中心地で、旗揚げ当初の曹操はこのあたりを拠点に活動を開始した。曹操の呼びかけに応じ、多くの若者たちが集まってきたが、楽進もそのうちの一人だった。

 しかし、最初はまったく無名の存在。肝は据わっていたが、身体が小さかったためか、与えられた仕事は軍の記録係であったという。それでも楽進は黙々と仕事に取り組み、曹操の転戦に従って乱世に身を投じていく。

 そんなある時、曹操軍は軍事力増強のために各地で兵を集める。楽進もその役目を命じられたが、彼は地元へ戻るや1,000人以上も兵を連れ帰ってきた。地元では名の知れた男だったのかもしれない。「短期間にこれだけの兵を集めるとは……こやつ、只者ではない」と思ったのか、曹操は楽進を将軍に取り立てたのであった。

 こうして、兵を率いる立場となった楽進は、戦いの最前線で活躍を続ける。出陣した際は常に「一番乗り」の戦功を立てた。小柄ながら、呂布軍や劉備軍との戦いでも臆することなく突き進む彼の姿は、いつも味方の兵たちを勇気づけたのである。

 曹操は旗揚げして約15年で華北(中国の北半分)を制した時、楽進の活躍を于禁、張遼と並ぶ者として讃えた。「武力が優れるばかりでなく、計略を知り、忠義にして純一。その指揮で落とせない陣営はない。兵を労わり、命令に違反せず、決断に失敗がない」と、べた褒めしたのである。

 楽進は第一線で活躍する頃になっても、平素はあまり目立たなかったようだ。寡黙かつ不器用な軍人のまま、命令を黙々とこなした。華々しい活躍とも無縁で、次第に他の将軍の後塵を拝するようにもなっていくが、曹操はそんな彼を愛したし、顕彰するまたとない機会とみたのだろう。

 

己を殺し、ひたすら職務に没頭

 彼が寡黙で不器用な人物であったことは、何より正史『三国志』の楽進伝が物語っている。まず、その中には… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

上永 哲矢

上永 哲矢

歴史コラムニスト、紀行家

日本史・三国志を題材に各種雑誌やウェブに連載記事多数。歴史取材の傍ら、城や温泉に立ち寄ることが至上の喜び。著書に『高野山 その地に眠る偉人たち』(三栄書房)、『三国志 その終わりと始まり』(三栄書房)、『ひなびた温泉パラダイス』(山と溪谷社)。神奈川県横浜市出身。公式サイト:http://kakutei.cside.com/job/

関連キーワード

連載記事