Bizコンパス

海を越え、時を超え語り継がれる、忠義の武神・関羽
2014.10.22

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第2回

海を越え、時を超え語り継がれる、忠義の武神・関羽

著者 上永 哲矢

 みなさんは、横浜の中華街にある関帝廟(かんていびょう)をご存じだろうか? 「廟」とは死者を祀る場のことで、日本でいえば神社に該当する建物だが、神社とは比較にならないほど豪華だ。ここに祀られているのが『三国志』の重要な登場人物、関羽(かんう)である。

 おもしろいことに、関羽は中国人の間で「商売の神様」として信仰を集めている。「武将」の関羽がなぜ商売の神になったのか? その理由を、『三国志』に見られる関羽の活躍やエピソードを紹介しながら解説したい。

 

終生変わらなかった劉備・張飛との絆

 小説『三国志演義』において、名駿・赤兎馬(せきとば)を駆り、青龍偃月刀を振るう豪傑として大活躍する関羽。華雄(かゆう)・顔良(がんりょう)・文醜(ぶんしゅう)といった猛将を多数討ち取るなど、とりわけ戦場での活躍は際立っている。

 それほど有名な武将ながら、彼の生い立ちは謎に包まれている。若いころ、故郷の河東郡(現在の山西省)で何らかの罪を犯し、現在の北京の近くに位置する幽州(ゆうしゅう)へ逃れ、そこで劉備や張飛と知り合った。

 ほどなくして、関羽は張飛とともに劉備に仕え、終生忠節を尽くすことになる。3人が義兄弟となって生死を共にすると誓い合う「桃園の誓い」は、『三国志演義』の有名なオープニング・シーンだ。

 「関羽と張飛は片時も離れずに劉備を護衛し、同じ寝台で休んだ。劉備は2人に兄弟のような寵愛をかけた」と、正史『三国志』にも記されているほどだから、余程に3人の絆は強かったのだろう。

 

離ればなれになっても劉備への忠義を貫きとおす… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

上永 哲矢

上永 哲矢

歴史著述家・紀行作家。日本の歴史、および『三国志』をはじめとする中国史の記事を多数手がけ、各種雑誌やWEBサイトに寄稿、連載を持つ。全国各地の史跡を取材し、城や温泉にも造詣が深い。著書に『三国志 その終わりと始まり』(三栄書房)、『偉人たちの温泉通信簿』(秀和システム)など。神奈川県出身。

関連キーワード

SHARE