その図抜けた雄姿から「錦馬超」(きん ばちょう)と呼ばれ、蜀の五虎大将軍の一人に数えられる猛将(小説『三国志演義』)、馬超は中国北西部の涼州(りょうしゅう)という辺境で生まれた。

 彼をひと言で表すなら、「ケンカ屋」といったところだろうか。若い頃は、とにかく血気盛ん。馬超(ばちょう)という名前からして、いかにも危うい雰囲気を醸し出しているが、中国語だと「マチャオ」と、弱そうな発音になってしまうのは如何ともしがたい……。

 

若き猛将、戦場で死線を何度も潜り抜ける

 父は羌族(きょうぞく)とのハーフである馬騰(ばとう)という人物。正史に「タダものではない」と記される堂々とした風格の持ち主で、地元・涼州においては反乱軍との戦いで数々の戦功を挙げて名を馳せた存在だった。馬超もそんな父の血を受け継ぎ、優れた武勇を備えるようになり、特に異民族たちから、厚く信頼されていたようである。

 若い頃から戦場で暴れ回った馬超。ある戦いで矢を足に受け負傷するも、その足を袋に包んでなおも戦い続けて敵将を討ち、勝利している。また、ある時は閻行(えんこう)という武将と戦うが、矛に突き刺されて負傷、さらに折れた矛で首を締められ、殺されそうになった所をかろうじて助けられた(正史・張既伝)。

 小説『三国志演義』では無敵の武勇を誇る彼だが、正史では無鉄砲さが災いし、上記のような危うい目にも遭っている。生傷が絶えなかったことだろう。

 「赤壁の戦い」(208年)が起きる少し前、馬騰は曹操の招きに応じて許都(きょと)へ滞在することになった。この時、馬超も誘われたが彼自身は曹操の誘いを断っている。しかし、年老いた父は馬超の制止を振り切って都へ行くことを選んだ。

 

父と生き別れ、涼州のニューリーダーとなる… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

上永 哲矢

上永 哲矢

歴史コラムニスト、紀行家

日本史・三国志を題材に各種雑誌やウェブに連載記事多数。歴史取材の傍ら、城や温泉に立ち寄ることが至上の喜び。著書に『高野山 その地に眠る偉人たち』(三栄書房)、『三国志 その終わりと始まり』(三栄書房)、『ひなびた温泉パラダイス』(山と溪谷社)。神奈川県横浜市出身。公式サイト:http://kakutei.cside.com/job/

関連キーワード

連載記事