容姿端麗な指揮官であり、「赤壁の戦い」を勝利に導いた孫権(そんけん)軍の大黒柱・周瑜(しゅうゆ)。映画『レッドクリフ』(2008年)で、トニー・レオンが演じた主人公として、その名を知る人も多いはずだ。

 そんな彼は、第7回で紹介した孫策の幼なじみだった。2人は同い年で幼いころに意気投合し、「断金」(だんきん=金属も断つ)といわれるほどの親交を結び、大人になってからは橋公(きょうこう)という名家の娘をそれぞれ妻にした。名の知れた美人姉妹のうち、姉の大橋(だいきょう)を孫策が、妹の小橋(しょうきょう)を周瑜が娶ったという。

 劉備関羽張飛が義兄弟だったというのはフィクションだが、孫策と周瑜は史実に記される本当の義兄弟だったのである。今回は、特に正史(史実)における周瑜の活躍を取り上げたい。

 

20歳で孫策の陣営に参加。颯爽としたデビューを飾る

 孫策はその軍才、武力で一気に勢力を拡大したが、それを補佐したのが周瑜である。

 孫策は父の名声を頼りにした「成り上がり者」だったが、周瑜の実家は大変な名家として知られていた。周瑜は彼を資金・名声の両面からサポートし、その躍進に貢献したのである。当時2人は20歳、満ちあふれる才覚を存分に発揮し、数年で江東(中国東南部)に一大勢力を築き上げた。

 しかし西暦200年、義兄の孫策が刺客に襲われて急死してしまう。26歳の若さである。このとき、周瑜は前線基地の巴陵(はりょう)で兵を訓練していたが、悲報を聞いてすぐに駆けつけ、葬儀に参加する。

 

弟も同然の孫権を盛り立て、赤壁の戦いに勝利

 絶対的リーダーを失い、孫家の陣営は大きな悲しみに包まれ、大きな混乱に陥っていた。孫策には子供が一人いたものの、跡を継げるような齢ではない。結局、弟の孫権が跡を継いだが、まだ19歳。正直どうしていいか分からない、といった状況だろう。

 事実、若くして『3代目社長』になった孫権を軽んじる者たちは多かった。しかし、周瑜は違った。率先して孫権に臣下の礼をとり、変わらぬ忠誠を誓う。諸将もそれを見て態度を改め、孫権を盛り立てるようになる。

 孫権は母から「周瑜を自分の兄と思いなさい」と諭され、また「何ごとも彼に相談せよ」という孫策の遺言に従い、周瑜に軍事・外交のいっさいを取り仕切らせる。

 それから8年後の西暦208年、いよいよ曹操(そうそう)が江東に侵攻する構えを見せ、孫権にも服従するよう迫ってきた。有名な「赤壁(せきへき)の戦い」の幕開けだ。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

上永 哲矢

上永 哲矢

歴史コラムニスト、紀行家

日本史・三国志を題材に各種雑誌やウェブに連載記事多数。歴史取材の傍ら、城や温泉に立ち寄ることが至上の喜び。著書に『高野山 その地に眠る偉人たち』(三栄書房)、『三国志 その終わりと始まり』(三栄書房)、『ひなびた温泉パラダイス』(山と溪谷社)。神奈川県横浜市出身。公式サイト:http://kakutei.cside.com/job/

関連キーワード

連載記事