Bizコンパス

「日本人らしいサッカー」はできたのか?
2014.07.04

ワールドカップ後の日本代表

「日本人らしいサッカー」はできたのか?

著者 産経デジタル

 日本代表のワールドカップブラジル大会が終わった。

 6月24日に行われたグループリーグ第3戦をコロンビアと戦い、1対4という圧倒的なスコアで敗れて決勝トーナメント進出の道を断たれたが、失敗したときにこそ問題点は見えてくるもの。サッカー界にとっても、そして日本という国にとっても、今回のW杯ブラジル大会における日本代表の戦いぶりから得られる教訓は少なくない。

 

うち砕かれた「自分たちのサッカー」

 「自分たちのサッカー」。今回のW杯ブラジル大会に臨むにあたって、本田圭佑や香川真司、長谷部誠ら日本代表の中心選手たちが、たびたび口にしていたのがこの言葉だ。その中身は、まず相手のゴールに近い場所へとボールを運び、短いパスをつないで相手ディフェンス陣の隙をつき、ゴール前へと迫ってシュートを放つといったもの。

 どこまでもボールがつながり続けるプレーは見ていて華やか。そんな中で瞬間のキラーパスが通ったり、間隙をつくようなシュートが放たれたりして点が入ると、プレーしている選手も見ているファンも「してやったり」といった気分になれる。テクニックに自信があって、攻撃的なポジションを担うプレーヤーにとっては、理想としたいサッカーのスタイルだろう。

 ところが、今回のW杯ではこの「自分たちのサッカー」が通用しなかった。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

産経デジタル

産経デジタル

産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュースコンテンツなどの配信を手がけています。ウェブでも国内最大級のニュースサイト「MSN産経ニュース」などを運営する産経新聞グループの記者が「Bizコンパス」のために書き下ろした、ここでしか読めない記事です。

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

三浦知良 レジェンドと呼ばれる男

2014.03.30

サッカー界のプロフェッショナル第1回

三浦知良 レジェンドと呼ばれる男

本田圭佑選手に学ぶ目標を達成に導く5つのポイント

2014.06.14

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第11回

本田圭佑選手に学ぶ目標を達成に導く5つのポイント

日本代表の成長を縛る利益主義、人気第一主義

2014.06.19

W杯ブラジル大会が見せたサッカー界の不安第1回

日本代表の成長を縛る利益主義、人気第一主義

守備陣の復調と本田、香川の活躍が鍵に

2014.05.30

ブラジルW杯に挑む日本代表第2回

守備陣の復調と本田、香川の活躍が鍵に