Bizコンパス

いまさら聞けない! ソーシャルゲーム事情
2013.05.10

これで部下に自慢できる!最新IT・デジモノ用語解説第14回

いまさら聞けない! ソーシャルゲーム事情

著者 黒木 泰二郎

 中高年ビジネスマンのために、最新IT・デジモノ用語をわかりやく解説するシリーズ。第14回は、Mobage(モバゲー)、mixi(ミクシィ)、GREE(グリー)などのSNS(Social Networking Service/ソーシャルネットワーキングサービス)上でアプリとして提供され、ユーザー同士で交流しながら遊べるゲームの総称である「ソーシャルゲーム」について解説します。

 

SNS上で利用でき、友人とプレイをシェアできるのがソーシャルゲーム

SNS上で利用でき、友人とプレイをシェアできるのがソーシャルゲーム 「ソーシャルゲーム」とは、「Mobage」「GREE」「mixi」「Facebook」などのいわゆるSNSの会員になった後、メールや日記などユーザー間のコミュニケーションツールの一環として利用できるオンラインゲームのことです。
 ソーシャルゲームは、ニンテンドー3DSやWii、PSP(PlayStationPortable)のようなゲーム機でプレイするコンシューマゲームとは異なり、基本的にハードやソフトを購入しなくてもパソコン、携帯電話、スマートフォン(以下スマホ)で遊ぶことができます。また、SNS上で設定したニックネームやアバターでゲームが遊べたり、友達をゲームに招待したりもできます。さらに、ソーシャル(交流)機能を利用し、ゲームの中で友だちをつくって協力したり、競い合ったりできるゲームも多いようです。

 

国内のソーシャルゲームは、カード集めやガチャガチャなど日本独自のゲーム文化を継承

 一方、最近のスマホ人気を背景に、アプリマーケット(iPhoneのAppStore、Android端末のGooglePlayStore)で提供されるゲームで遊ぶ人が急増しています。SNSプラットフォームと連携せずに単体でアプリマーケットに置かれるこうした「直置き」型のゲームは、独立したゲームアプリをひとつひとつスマホにダウンロードして遊ぶ点で、ゲームソフトを選んで利用するコンシューマゲームに近いかもしれません。ソーシャルゲームは、あくまでSNSを通じて提供されるもので、カード集めやガチャ(ガチャガチャゲーム機のような電子くじ)など、日本的なゲームの要素も備えているのが大きな特徴だといえます。
 これまで紹介した日本国内で現在流通している3つのコンピュータゲームをまとめると以下のようになります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

黒木 泰二郎

黒木 泰二郎

フリーランスライター&コピーライター、ディレクター

広告制作会社から独立後、フリーランスライターとして新聞、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアで活躍。得意分野はIT、オーディオ、自動車、教育、保険、住宅など。取材・執筆をはじめキャッチコピー、ネーミング、販促企画、翻訳リライトなど多様なライティングニーズに対応可能。
Facebook: http://www.facebook.com/taijiro.kuroki

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

ソーシャルウェアで顧客の声を素早く共有する

2012.10.02

顧客が喜び、受注につながる、新しい情報共有の形

ソーシャルウェアで顧客の声を素早く共有する

タブレット・スマホは本格的なビジネス活用の時代へ

2012.08.07

タブレット・スマートフォンを用いた営業力強化第1回

タブレット・スマホは本格的なビジネス活用の時代へ