Bizコンパス

私の投稿本当に見られてる? Facebook投稿の仕組みとは
2013.02.08

SNSをフル活用するために

私の投稿本当に見られてる? Facebook投稿の仕組みとは

著者 中山 陽平

 コミュニケーションのツールとしてすっかり一般的になった感のある「Facebook」。
 社内の情報交換やコミュニケーションに使っている会社も少なくありません。
 しかし、「なんで私の投稿に誰もコメントをつけたり“いいね!”してくれないんだろう、見てくれてもいないんだろう」と溜息をつかれた経験のある方は、少なくないのではないだろうか。
 たとえば
 「昨日Facebookにこないだのパーティの写真をアップしたけど、みんな見てくれた?」
 「え?いつアップしたんですか?結構見てるのに気づきませんでした」「私も気づかなかったです…」
 おかしいなと思い、自分の行なった投稿を見なおしても設定はおかしくないし、投稿もきちんと行なわれていて自分からは見ることができる。なぜ…Facebookが不具合?
 その原因はもちろんFacebookの不具合ではない。Facebookが「どのようにあなたの投稿を他の人に見せるか」という仕組みによるものだ。そこで今回はその「仕組み」について、解説する。

 

あなたの「すべての投稿」が他の人に見えているわけではない

 Facebookはあなたが投稿した「すべての投稿」を他の人にも見せているわけではない。なぜなら、すべての投稿を見せることが「便利」だとは、Facebookは考えていないからだ。なぜなら、投稿はすべて「同じ価値」ではないからだ。

 信頼出来る人、普段から交流している人、興味関心が似ている人、そういった人の投稿の方が、そうではない投稿より「価値がある」はずだ。そして、価値のある投稿を、できるだけユーザーは読みたいはずだ。みなさんもそうではないだろうか。

 たとえばTwitterは、すべての投稿を「タイムライン」という形で表示している。そのため、フォロワーが数百人数千人いると、自分が普段から交流している相手の投稿がどんどん流れてしまう。

 それを避けるために、Twitterの場合は「リスト機能」などがあり、一部のユーザーの発言をピックアップして見られるようにしている。

 ではFacebookはどうかというと、

 「ユーザーにとって有益そうな情報をアルゴリズム(計算式)によって導き出し、それによって出す投稿を決める」

 ということを行なっている。

 

「ハイライト」と「最新情報」

 みなさんは、Facebookの下記の部分をクリックしたことはあるだろうか。
ここをクリックすると右図のような「ハイライト」と「最新情報」という選択肢が出てくる。

「ハイライト」と「最新情報」

 おそらくみなさんは「ハイライト」となっているのではないだろうか。Facebookの標準仕様では「ハイライト」になっているはずだからだ。
 これを「最新情報」にしてみてほしい。投稿の内容がガラッと変わったのではないだろうか。これが本来、あなたの友達が投稿しているほぼすべての投稿である。友達が多ければ多いほど変化があったはずだ。つまり、貴方自身も「すべての投稿を見ていない」状態だったのである。

 

では、どうすれば「たくさんの人に見てもらえるようになる」のか

 冒頭に戻ると、あなたの投稿はこのFacebookのフィルターを通った結果「相手の画面には表示されない」状態になっていたということだ。
 しかしそれでは、どうしたら「沢山の人の画面に出る」ようになるのだろうか。
 それには3つのポイントが有る。それは、
 ・相手と取っているコミュニケーションの数… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

中山 陽平

中山 陽平

ラウンドナップ・コンサルティング 代表 /ウェブ解析士マスター

中小企業に対してWEB戦略コンサルを420社40業種以上経験。自身のコンサル・顧問サービス「ラウンドナップ・コンサルティング(http://www.roundup-consulting.jp/)」では営業ゼロで常時15社前後の顧客を抱える。また同時に「WACA認定ウェブ解析士マスター」として、企業にてWeb担当者の研修・教育を。
2006年から「WEB戦略ラウンドナップ(http//www.7korobi8oki.com)」にて、海外の最新マーケティング動向を発信。日本でいち早くGoogle Analytics公式認定個人に。 Google Adwords Professional資格も。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

2019.12.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第24回

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

2019.11.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

Salesforceを使って “最高の顧客体験”を提供する方法

2019.10.30

「Salesforce World Tour Tokyo」レポート第2回

Salesforceを使って “最高の顧客体験”を提供する方法

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

2019.10.04

いま求められる“顧客接点の強化”第22回

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

2019.09.18

いま求められる“顧客接点の強化”第20回

コンタクトセンターはAIで“さらに”重要な顧客接点に進化している

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

2019.09.17

いま求められる“顧客接点の強化”第19回

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

2019.08.09

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

顧客対応最適化のため、マカフィーが取り組む「Call to Web」とは

2019.07.26

いま求められる“顧客接点の強化”第15回

顧客対応最適化のため、マカフィーが取り組む「Call to Web」とは