海外IT動向ウォッチング 2017年4月~2017年9月(第23回)

iOS11に搭載されたARは何が新しいのか?

2017.09.25 Mon連載バックナンバー

 現実の風景にデジタル情報を重ね合わせるAR(拡張現実)が、いよいよ新世代に突入します。Appleが、より高度なAR技術をiPhone/iPadでサポートして、大勢の開発者が参入する動きが出てきました。これまでとは違った、意外なコンテンツも生まれそうです。

 

ポケモンGoよりも進化したARとは

 ARは、「その場所には実際にはない物体を、存在するかのように見せる」ことができます。iPhone/iPadでは9月19日にリリースされたiOS11で対応(A9以上のプロセッサが必要)し、これを受けて早速、「仮想ドラゴン育成ゲーム」といったような新しいARアプリが登場しています。

 iOS11に搭載された新しいARが、「ARKit」という、独自のプラットフォームです。

 ARKitの特長は、仮想の物体が、まるでその場にあるように見える点にあります。ARの認知度を高めた「ポケモンGO」は、スマホを向けると、その方向にいるポケモンが映りますが、画面の中に浮いているように表示されますが、ARKitでは、横や反対側に回り込んで見ることもでき、従来よりもリアル感が増します。

 なぜこのようなことができるかというと、ARKitでは、現実の空間を把握するからです。画像を絶えず解析しながら、カメラの動きを推定し、仮想オブジェクトを「あるべき位置と向き」に配置します。しかも、大きさも設定したサイズで表示し、影や光の当たり方まで再現します。

 何よりARKitは、VR(仮想現実)システムの「Oculus Rift」や「PlayStation VR」のような高価なヘッドマウントディスプレイが不要です。手持ちのiPhoneだけで楽しめるのが魅力です。

 

ARはアートになる

 この新しいプラットフォームは、今年6月に発表され、多くの開発者がコンテンツづくりに取り組んでいます。その中で、「キャラクターだけでなく、もっと違うものを見せればいいじゃないか」、と考えたのが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

iOS11に搭載されたARは何が新しいのか?
Infostand

Infostand

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter